『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とのタイアップで発足したレーシングチーム「エヴァンゲリオン レーシング」、真夏の祭典“鈴鹿8耐”で表彰台に挑戦!

PR TIMES / 2014年4月11日 11時13分

クラウドファンディングの「ShootingStar」で2014年4月11日より資金募集開始!



 株式会社JGマーケティング(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤大吾)は、クラウドファンディング プラットフォーム「ShootingStar(シューティングスター)」にて、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とのタイアップで発足したレーシングチーム「エヴァンゲリオンレーシングが2014年7月26・27日に開催される鈴鹿8時間耐久ロード レースへ参戦するための資金300万円の募集を 2014年4月11日より開始致します。


 「エヴァンゲリオンレーシング(以下、エヴァレーシング)」は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のプロモーションと、日本のモータースポーツ界に新たな風を吹き込むという目的のもと2010年に発足しました。発足して以来、2010年から2013年までに4度国内最高峰のオートバイレース「鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下、鈴鹿8耐)」に参戦していますが、2011年に5位に入賞と健闘してからは、マシントラブルによるリタイア(2012年)や、エンジントラブルによる12位(2013年)と、悔しい結果が続いています。一度は2014年1月に活動休止を発表しましたが、リベンジへの強い想いから、今年の鈴鹿8耐への挑戦を決意し、表彰台を目指して挑戦します。ファンのみなさまと一緒に戦いたいとの想いから、シューティングスターにてクラウドファンディングを行うこととなりました。

 モータースポーツ人気全盛期の90年代、鈴鹿8耐は真夏の一大イベントでした。ピーク時には16万人もの 若者が感動的な夜のゴールに立ち会うために集まりました。今でも日本一観客動員数が多い2輪レースでは ありますが、観客動員数はピーク時の約半分の平均7万人前後で推移しています。エヴァレーシングをきっかけにサーキットまで足を運んでいただけるように、参戦する他のどのチームよりも鈴鹿8耐を盛り上げます。

 シューティングスターでは資金提供いただいた方へギフトと呼ばれるお返しがあり、今回も金額に応じて鈴鹿8耐でのチームスタッフの体験、エヴァレーシングレースクイーンと特別に交流(最前列の特別観覧スペースでのイベント観覧、撮影会等)できる権利など、ここでしか手に入らない限定のギフトを多数ご用意しています。

【エヴァンゲリオンレーシングとは】 <http://eva-racing.com

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング