TABLE FOR TWO 3,000万食を突破、累計3,000万人が参加 ~ヘルシー社食を食べて、アフリカへ学校給食を寄付~

PR TIMES / 2015年1月9日 9時35分

社員食堂で、気軽に「メタボ予防」と「社会貢献」ができる

日本発、世界の食料問題の解決に取り組む特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(東京都港区、代表 小暮 真久)(略称:TFT)は、2007年10月の設立以来、延べ3,140万人以上が参加し、累計3,140万食の学校給食をアフリカ5カ国とアジアの2カ国に寄付しました(2014年12月31日現在)。最初の1,000万食を突破するのに4年間かかりましたが、その後は2年弱で1000万食ずつ増え、活動が拡大しています。



2008年4月にメタボ健診注)が導入され、ヘルシーな社食が注目される中、参加団体が増え続け、 現在約660団体が参加しています。当初は企業の社員食堂で始まった活動が、現在では、レストラン、コンビニエンスストア、ネットスーパー、お弁当、自動販売機、レシピサイトなど様々なシーンで導入されています。今後は個人が参加できる取り組みをさらに増やしていく予定です。

また、日本で始まった活動が、アメリカ、イギリス、ノルウェ-、フランス、スイス、韓国、台湾、香港、フィリピン、ベトナム、サウジアラビアの12カ国で導入されています。本年5月から10月に開催されるミラノ国際博覧会のテーマは「地球に食料を、生命にエネルギーを」で、イタリアで食への関心が高まる中、特にヨーロッパでの活動地域を拡大する予定です。


参加団体数の推移


導入事例:社食・学食を超えて、レストランなどでも拡大

■レストラン
・丸亀製麺が800を超える国内全店で導入。MUJI CAFEが全国17店舗で導入。
・パルコのレストランでは毎年1月に期間限定でTFTを導入。
・大丸松坂屋のレストランで期間限定でTFTを導入。

■ネット販売
オイシックスでは野菜ジュース、豆乳、ベーグルなどを販売し、200万食を寄付。(2014年9月末現在)
http://www.oisix.com/CategoryX.828.195.htm#LMenuL195

■コンビニエンスストア
ファミリーマートやNEWDAYSで、期間限定で様々な商品を発売。

■レシピサイト
楽天レシピでは掲載レシピに対する「つくったよレポート」1件投稿ごとに10円を楽天が寄付(2回で給食1食分)。47万食を寄付(2014年12月末時点)。
http://recipe.rakuten.co.jp/sp1/donation/tft/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング