将来が不安にならない!子どもの「自立力」の育て方/元リクルート・トップ営業、女性初・民間人校長が初の教育本を出版

PR TIMES / 2014年9月5日 12時11分

株式会社世界文化社は、『あなたの子どもが「自立」した大人になるために』(著者:平川理恵)を9月5日に発売します。



【◆ 悩むよりもまず行動!女性初・民間人校長の教育革命が一冊に】

本書は、リクルートで年間4億円売るトップセールスウーマンから、
起業家を経て女性初の民間人公立中学校校長となった平川理恵さんの
「学校・教育改革」挑戦記です。

自身も小学生の娘を持つ平川さんは、推されてPTA会長も務めています。
教育現場の校長、保護者、PTA会長という3つの立場から得た、
多くの“気づき”が平川流「公立学校改革」に活かされています。

【◆ 2030年をたくましく生き抜くために、いま子どもに必要なこと】

現在の中学生たちが社会の中核を担うようになる2030年の日本は
今とは働き方やキャリアの築き方が全く違う状況になると予見されています。

多くの親御さんが若い頃には考えられなかったような未来を
息子や娘たちは迎えることになる。

そんな時代を強く生き抜く子どもを育てるために、
私たちは今どのような教育を授ければいいのでしょうか。


【◆ 掲げる教育理念は「自立貢献」】

平川校長は今、親世代が子育てをしていく上で見据えなければいけないものは
未来の子どもたちが生き生きと楽しく人生を送る姿だと考えます。

そのために、教育理念を「自立貢献」として一人一人がまずは自立し、
社会や人から何かしてもらうのを待つのではなく、
自分が周りの人や社会に何を貢献できるかを常に考えて行動することの大切さを説きます。


【◆ 「変わる時代」に「変わらない教育」はナシ! 
    市ヶ尾中学校のユニークな取り組み】

ある時は、芥川賞作家の平野啓一郎さんを招き
「私とは何か」というテーマで出張授業を行い、

ある時は、図書館利用率を上げるため、
児童文学評論家の赤木かん子さんに選書をお願いし、
一角に絨毯を敷き校長室のソファーを提供して児童が集まる読書スペースを作る。

さらにある時は、アポなしで授業に出席し、教師にフィードバックを行う。

平川校長は、企業出身だからこそ気付ける新たな視点を生かして、
時代とニーズに即した学校教育のためにユニークな取り組みを行っています。


---------*---------*---------*---------*----------*---------

サッカー川島選手が今日は先生!!

~横浜市立市ヶ尾中学校の出張授業 実績~

三洋電機(理科「いろいろなエネルギー」)
模擬選挙推進ネットワーク(社会・公民「税と選挙」)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング