自然共生型アウトドアパーク『フォレストアドベンチャー・三島スカイウォーク』

PR TIMES / 2018年7月11日 14時1分

2018年7月26日オープン

 全長400m、日本一長い歩行者専用吊橋である「三島スカイウォーク」(運営:株式会社フジコー、本社:静岡県三島市、代表:宮澤俊二)では、2018年7月26日(木)に自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・三島スカイウォーク」を開業します。



 同施設は、フランスを発祥とする“フォレストアドベンチャー”の理念「自然を活かした、樹上のアウトドアパーク」に基づき、北エリアに広がる自然を活かしたアクティビティを設計。
 木と木を飛び移るダイナミックなアクティビティが楽しめる樹上アスレチックや、最大高さ70メートルある吊橋のすぐ下を滑り抜ける300メートルと260メートルのスリリングなロングジップスライド、さらに、森の中で約10メートルのクライミングを楽しめるクリフチャレンジャーなど、自然を満喫できるアクティビティを揃えました。
 受付棟となるログハウス「tree tree tree(ツリーツリーツリー)」では“バスケットをもって景色や自然を楽しもう!”がコンセプトの「ピクニックカフェ」、スカイウォークの模型やクジラ雲をモチーフにしたスクリーンを展示した「スカイウォークミュージアム」そして、三島発のプロダクトレーベル”Floyd(フロイド)”とのコラボ商品などを取り扱うお土産ショップを展開します。[画像1: https://prtimes.jp/i/20505/33/resize/d20505-33-911082-0.jpg ]

[フォレストアドベンチャーとは]
フランス発、”自然共生型アウトドアパーク” で1997年に初めてフランス・アヌシー郊外にオープンしました。その後、フランス国内で人気が広がり世界中に拡がっています。この施設の最大の特徴は環境への負荷を最低限に抑えた“森林をそのまま活用したパークづくり”で、ビジネスとして成立させたその収益の一部を森林整備費にあてる持続可能な森林管理モデルとなっています。

■5サイト33アクティビティのダイナミックなアドベンチャー体験!
[アドベンチャーコース]
[画像2: https://prtimes.jp/i/20505/33/resize/d20505-33-704508-1.jpg ]

自然の立木の地上9メートルにぶら下がるブランコのような板を渡り歩くステッピングストーンや丸太を渡るログスイング、そして高さ 10m のプラットホームからネットめがけて飛び込むターザンスイングなど、ダイナミックでスリリングなアクティビティを用意しました。

[ロングジップスライド]
[画像3: https://prtimes.jp/i/20505/33/resize/d20505-33-961954-2.jpg ]

吊橋を渡った先の展望台付近に設置された出発地点から吊橋の手前まで約300メートルの距離を滑走します。最大高さ約70メートルの吊橋のすぐ下をロープ一本で滑走する、日本有数の絶景を望む大迫力の アクティビティです。 日本一の富士山と日本一の吊橋に向かって滑走できるジップスライドは、全国でも ここだけです。
往路・復路ともに2本のラインが平行しているのでパートナーと2人1組で同時に滑走が楽しめます。
 長さ:ロングジップスライド1(往路)300メートル
    ロングジップスライド2(復路)260メートル

[クリフチャレンジャー]
[画像4: https://prtimes.jp/i/20505/33/resize/d20505-33-560084-3.jpg ]

森の中でクライミングを満喫できる「クリフチャレンジャー」は、初心者から経験者まで楽しめるアクティビティ。オートビレイというロープに確保されるので、途中で力つきてしまっても安全です。
[概要]
名称:クリフチャレンジャー
高さ:約10 メートル

[料金]
■アドベンチャーコース+ロングジップスライド
 アドベンチャーコース3サイトとロングジップスライド2サイトの計5サイトを1周出来ます。
通常料金        3600円/人
■ロングジップスライド
 ロングジップスライド2サイトを1往復できます。
通常料金       1800円/人
■クリフチャレンジャー     1000円/10分
 ※吊橋入場料別途。

[tree tree tree(ツリー ツリー ツリー)]
[画像5: https://prtimes.jp/i/20505/33/resize/d20505-33-216798-4.jpg ]

[概要]
北エリアに新設されたログハウス。中に入ると開放的な吹き抜け天井 にクジラ雲型のスクリーンが浮かびます。
[面積]300 平方メートル
[内容]カフェ「Picnic Cafe」、資料館「スカイウォークミュージア ム」、ショップ、アクティビティ受付
■Picnic Cafe


“バスケットをもって景色や自然を楽しもう!”がコンセプト。地元食材を使ったフード(ホットドッグ、サンドイッチなど)、おしゃれなドリンク、スイーツなどをバスケットに入れて家族、友達、恋人、ペット達と素晴らしい自然を感じながら食事ができるスタイルを提供するカフェ。
[概要]
施設名:Picnic Café
席数:テーブル11卓・44席
メニュー(一例):[バスケットセット]
・ジューシー粗挽きフランクのホットドッグ:1300円
・フレッシュ野菜と若鶏のスモークチキンサンド:1300円
         [単品]
・自家製ザワークラウトとジューシー粗挽きフランクのホットドッグ:700円
・フレッシュ野菜と若鶏のスモークチキンサンド:650円
・静岡抹茶使用しっとり抹茶カップバウム:600円
・静岡温州みかん使用しっとりみかんカップバウム:600円
         [ドリンク]
・サンセットフロムザブリッジ(ノンアルコールカクテル):700円
・マウントフジ(ノンアルコールカクテル):700円
・クニックインザフォレスト(ノンアルコールカクテル):700円
[画像6: https://prtimes.jp/i/20505/33/resize/d20505-33-282526-5.jpg ]

■スカイウォークミュージアム
三島スカイウォークのジオラマ模型を展示する他、耐風検討時に使用した 1/9 スケールの模型など吊橋 の構造が学べる資料を展示。
また、撮影した写真をフリックすると、リアルタイムで投影されるクジラ型の雲をモチーフにしたスクリ ーンを設置します。


[画像7: https://prtimes.jp/i/20505/33/resize/d20505-33-855854-11.jpg ]

■お土産ショップ
三島発のプロダクトレーベル“Floyd(フロイド)”とのコラボ商品などを取り扱うお土産ショップ。
お茶わんの上に橋に見立てたお箸を置くと、富士山が見えてくる!?などこだわりデザインのお土産を展開します。
[画像8: https://prtimes.jp/i/20505/33/resize/d20505-33-242872-6.jpg ]

■「セグウェイツアー」正式オープン!

[画像9: https://prtimes.jp/i/20505/33/resize/d20505-33-751216-7.jpg ]

一部工事中となっていたすべてのコースが完成し正式オープンします。森の中にオフロードコースを設置し、箱根西麓の自然の中で爽快感を味わいながら木々の間を走るアクティビティです。
体験中はインストラクターも同行し、セグウェイの操作方法と共に吊り橋完成までの秘話や、この土地の自然や歴史についても楽しくレクチャーします。
オープン日:2018年7月26日(木)
場所:三島スカイウォーク北エリア(吊橋を渡った先)
コース長さ:約2.5km(所要時間約60分)
料金:4500円(吊橋料金別・16歳~70歳位までを推奨。)
   ※未成年の方は、保護者の方の同意が必要です。

[セグウェイ仕様]
[画像10: https://prtimes.jp/i/20505/33/resize/d20505-33-340284-8.jpg ]

オフロードタイプ【x2 SE】を採用。ウッドチップや設置された障害物を乗り越える為に、低圧タイヤを装着したモデルです。
重量:54.7kg
大きさ:W84×L53×H120cm(約)
最高速度:20km

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング