アイルが提供するBtoB専用ECパッケージ「アラジンEC」が、OBCの「商奉行クラウド」「商蔵奉行クラウド」と連携

PR TIMES / 2020年8月3日 17時15分


企業向け業務管理システム開発・提供の株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)が提供するBtoB専用ECパッケージ「アラジンEC」は、株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田成史、証券コード:4733、以下OBC)が提供する販売管理システム「商奉行クラウド」、販売管理、仕入・在庫管理システム「商蔵奉行クラウド」と連携しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/27651/33/resize/d27651-33-366179-1.jpg ]



このたびの連携により、「アラジンEC」にある取引先からの受注データを、「商奉行クラウド」「商蔵奉行クラウド」に自動で取り込むことが可能になります。また、「商奉行クラウド」「商蔵奉行クラウド」の商品・得意先・売上・在庫データ(※1)を、「アラジンEC」に自動で取り込めます。取り込んだデータをもとに、「アラジンEC」により取引先別に単価や案内商品の設定も可能です。

両社のシステムを利用する企業さまは、従来の入力の二度手間や確認時間が削減され、業務効率化につながります。

(※1)在庫データの「アラジンEC」への自動取り込みは、「商蔵奉行クラウド」との連携時のみ可能です。



[画像2: https://prtimes.jp/i/27651/33/resize/d27651-33-401853-0.jpg ]


【 詳細ページ 】

https://aladdin-ec.jp/function/system/obc/


【「商奉行クラウド」「商蔵奉行クラウド」について 】  https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/akikura


受注・発注などの業務はもちろん、従業員による販売情報の確認など、会社のみんなでテレワークができるクラウド販売管理システムです。販売仕入管理業務をフルカバーでき、消込処理だけで入金 / 支払伝票を自動作成できるなど、充実した機能により業務の生産性を大幅に向上できます。


【 「アラジンEC」について 】  https://aladdin-ec.jp/


企業間の電話・FAXなどによる受発注業務をECに置き換えることで、導入企業とその取引先両社の業務効率化・利便性向上につなげます。充実したパッケージ機能に加え、業務に合わせたカスタマイズも柔軟に可能です。
業務効率化のみならず、新たな得意先企業の発掘や売上アップにつなげるための活用など、効果的な販促ツールとしてのご提案も可能です。アイルが提供する基幹システム「アラジンオフィス」はもちろん、他社の基幹システムともスムーズに連携できます。


【 株式会社アイルについて 】  https://www.ill.co.jp/

・社名  株式会社アイル(東証第一部上場:3854)
・代表者 代表取締役社長 岩本哲夫
・設立  1991年
・資本金 3億54万円(2019年7月末時点)
・社員数 723人[連結](2020年4月1日時点)
・売上高 105億22百万円[連結](2019年7月期実績)
・本社  大阪本社:大阪市北区 / 東京本社:東京都港区


【 サービスに関するお問い合わせ先 】
株式会社アイル サービスお問い合わせ窓口
TEL:0120-356-932 / E-MAIL:webmarketing@ill.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング