AOSデータ社、リーガルデータ事業の市場拡大のためにAOS画像解析フォレンジックの販売を開始

PR TIMES / 2020年7月30日 14時40分

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋)は、AOSグループが手がけてきた画像解析・動画復元ツール「AOS 画像解析フォレンジック」の販売をリーガルテック社より承継し、8月1日より、販売を開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/40956/33/resize/d40956-33-228562-0.jpg ]

AOS画像解析フォレンジック
https://www.fss.jp/imageanalysis_forensics/

■AOS画像解析フォレンジックとは
ドライブレコーダー、監視カメラの急速な普及を受けて、画像や動画データを解析して、証拠を取り出す画像フォレンジックのニーズが高まっています。しかし、実際には、事故を起こした車両のドライブレコーダーの画像が破損していたり、夜間で不鮮明だったり、ナンバープレートの数字が読めないなどの問題が多発していました。この問題を解決するため、AOS画像解析フォレンジックは、捜査機関の依頼を受けて長年をかけて開発されたツールです。通常のデータ復旧ソフトでは復元できなかった破損した動画データを復旧し、不鮮明な画像を鮮明化する機能を搭載しています。今までは、リーガルテック社経由で主に、捜査機関向けに販売されていましたが、この事業をAOSデータ社が引き継ぎ、捜査機関だけでなく、損保会社や一般企業などにも販路を広げて、販売を開始します。

■AOS 画像解析フォレンジック製品概要
AOS画像解析フォレンジックは、再生不可となった動画から証拠データを抽出する「AOS画像解析フォレンジックProfessional」と、不鮮明な画像を鮮明化する「AOS画像解析フォレンジックEnhancement」の2つのラインナップで構成されています。

・AOS画像解析フォレンジックProfessional
再生不可となった動画から証拠データを抽出
監視カメラ、ドライブレコーダー 、スマートフォンなどの再生不可になった動画データの断片化、破損したファイルを修復・復元し証拠データを抽出します。
▼製品名:AOS画像解析フォレンジック Professionalの詳細はこちら
https://www.fss.jp/fss_movie01-2/
[画像2: https://prtimes.jp/i/40956/33/resize/d40956-33-146565-1.jpg ]

・AOS 画像解析フォレンジックEnhancement
 最先端の解析技術で不鮮明な画像も鮮明化
AOSグループの画像解析フォレンジックは、最先端の画像解析技術で識別困難な状態からも証拠となる画像、動画データを抽出することができます。走行中の社内の人物像、ぶれたナンバープレート、夜間の監視カメラの犯人像も超解像度の鮮明化技術を駆使して、手がかりとなるデータ解析を行います。
▼製品名:AOS画像解析フォレンジック Professionalの詳細はこちら
https://www.fss.jp/ia_f-enhancement/
[画像3: https://prtimes.jp/i/40956/33/resize/d40956-33-656163-2.jpg ]


■AOS画像解析フォレンジックの導入事例
あいおいニッセイ同和損害調査株式会社 様
ドライブレコーダーが普及していく中で、「事故後にデータが消えていた」、「写ってはいるが、はっきりと判別できない」といったことが多く、画像を鮮明化して、証拠データとして抽出するためにAOS画像解析フォレンジックを利用されています。
詳しくは、こちら:  https://www.fss.jp/case_aioi_nissei/

【AOSデータ株式会社について】
名 称:AOSデータ株式会社 代表者:春山 洋
設 立:2015年4月 資本金: 3億5,250万円
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
URL: https://www.aosdata.co.jp/
AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、80万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のデータを無くしてしまったお客様のデータを復旧してきたデータ復旧事業、1000万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。AOSデータ社は、データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、11年連続販売本数1位を獲得しています。今後は、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの事件の解決を支援してきたリーガルテック社が行ってきたリーガルデータ事業を統合し、一層、「データアセット マネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献して参ります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング