セールスフォース・ドットコム、クボタ グループのデジタル変革を支援

PR TIMES / 2019年9月24日 14時40分

~担い手農家の競争力向上に向けた支援を強化~

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、株式会社クボタ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 木股 昌俊、以下:クボタ)がグループ全体で取り組むデジタル変革プロジェクトを支援し、全国に展開する販売拠点の業務効率化ならびに担い手農家(法人農家)へのサポート対応力強化のために、Salesforceが採用されたことを発表いたしました。これによりクボタは、各地の販売拠点が保有する顧客情報や蓄積されたノウハウを共有し、グループ連携による総合力を強化することで、担い手農家の生産性向上、さらに日本の農業におけるデジタル変革を後押しします。



クボタはこれまで、日本の農業の発展とともに、農業における機械化一貫体系を後押ししてきました。しかし、農業人口の減少、高齢化など日本の農業を取り巻く環境が大きく変化する今、新しいカタチでのサポートが求められています。

これまでの農業機械の提供に加え、農業の生産から販売まで、農業をより総合的に支援するための新しい顧客支援体制を推進しました。特に、大規模・法人農家の事業効率化や収益性向上などの新しい農業ビジネスモデルに応えるため、日本全国に広がる販売営業所が保有する顧客情報やこれまでの成功体験などのノウハウを、スピーディーに提供できるシステムを構築しました。Salesforceのクラウドを中心とした最新のデジタル技術を利用することで、求められる情報をタイムリーに共有し、営業の課題解決提案や現場でのより迅速なサービス対応が可能になりました。

株式会社クボタ 代表取締役 副社長執行役員 北尾 裕一氏は次のように述べています。
「クボタでは ”On your side” (お客様に寄り添っていく)の精神のもと、農家にとって最も信頼されるパートナーを目指しています。そのために、今回のクラウド導入は必要な取り組みでした。これからは、すべての農家が農業は楽しいと感じてもらう、そして、何より農業が成長産業であり、農業の魅力を世界に向けて発信するクボタで在りたいと思います。」

Salesforce World Tour Tokyoについて(公式サイト: https://www.salesforce.com/jp/events/worldtour/ja/overview/
明日9/25から2日間の日程で開催されるセールスフォース・ドットコムが主催するグローバルイベントです。初日9/25(水)午前10時スタートの基調講演において、(株)クボタ 取締役専務執行役員の吉川氏がゲスト登壇される予定です。

クボタについて
((株)クボタ  https://www.kubota.co.jp/

セールスフォース・ドットコムについて
セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づけるお手伝いをしています。 1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボル CRM で取引されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング