「OYO LIFE」× G's ACADEMY TOKYO 次世代のバリューアップをサポートする 「OYO LIFE CAMP」第2段 12月開講 住居セット型プログラミング講座の募集を開始

PR TIMES / 2019年11月11日 16時55分

~エンジニア専用「OYO Geek Maison」で2ヵ月集中! AI開発言語Pythonを超短期で習得しアプリリリースを目指す~

 賃貸住宅型サービス「OYO LIFE」を運営するOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社(本社:東京都千代田区、CEO:勝瀬 博則)は、G’s ACADEMY TOKYO(運営会社:デジタルハリウッド株式会社 代表取締役社長兼CEO 吉村毅、学長 杉山 知之)と提携をし、「OYO LIFE」に居住いただきながら次世代のバリューアップをサポートする短期集中型プログラム「OYO LIFE CAMP」第2段として、住居セット型プログラミング講座を受講できる「OYO Geek Maison」の提供を開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/41664/33/resize/d41664-33-660755-1.png ]

 第1段の「OYO LIFE CAMP」は、起業家養成プログラム 「OYO大学 Global Incubator Camp」と題し、18歳以上の起業志望者を対象とし、3ヶ月間の特別プログラムを通して起業アイディアの策定を目指します。
 第2段となる本プログラムでは、受講生が2ヵ月間でプログラミングスキルを獲得できるよう、都内の「OYO LIFE」家具付き物件に居住し、別会場にてG’s ACADEMY TOKYO が展開するプログラミングスクールの講座を受講し、集中した環境でスキルアップに取り組むことが可能となります。
 「OYO LIFE」は、「賃貸は初期費用がかかるし手続きが大変」という常識を変え、敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用不要、水道光熱費・Wi-Fi費込み、全てのサービスがスマホで完結の賃貸住宅型サービスです。
 本提携により、「OYO LIFE」は短期間で集中してプログラミングスキルを身につけるための合宿先として住居を用意し、G’s ACADEMY TOKYOが開講する講座を受講できる住居セット型プログラム「OYO Geek Maison」を11月11日(月)より申込受付を開始します。「OYO Geek Maison」は、「短期集中でスキルを身につけたいけれど、ちゃんと身に付くか不安」「自宅から通いながらよりも、環境も一新して集中して学びたい」という受講者のニーズにマッチしたプログラムとするため、集中して学べる環境をサポート環境を用意しています。

「OYO LIFE CAMP」第2段 12月開講講座:
「2ヵ月集中 プログラミング講座 エンジニア専用マンション『OYO Geek Maison』」
<受講者募集概要>
1. 概要
「OYO LIFE CAMP」は、テクノロジーを活用し、新しい賃貸住宅型サービスを提供する「OYO LIFE」が次世代のバリューアップをサポートすることを目的に開講する短期集中型プログラムで、英語やプログラミングなどの短期間で身に付けたいスキルを「OYO LIFE」に居住しながら学べます。

2. 本プログラム詳細
・ 2ヵ月間×24時間 完全プログラミング漬け
~初心者でもAIアプリの制作ができるレベルへ~
週3回の全体授業のほか、週2回はグループ毎に各々の部屋に集まって開発を行うカリキュラムで仲間と一緒に集中的に学べる環境を用意しています。

・ G’s ACADEMY TOKYOの最高のカリキュラムと講師陣がバックアップ
~AIの開発に使われる言語「Python」を学びブログシステム作成とAIアプリ制作を学ぶ~

・OYO LIFEがエンジニア専用「GEEK Maision」をプロデュース
~マンションが一棟丸ごとエンジニアハウスに。集中環境を準備~

プログラム終了時には、履歴書用の卒業証書の発行、学校への編入制度や就活支援のサポートも用意しています。

3. 受講対象者
・プログラマー志望、プログラミングスキルを短期で取得したい方・人工知能に興味のある方、起業家志望
・就活・転職に向けてスキルを身に付けたい方、東京で働きたい地方居住者

4. 参加費・入居物件
・参加費:2ヵ月分の家賃合計39万8千円~
※入居いただくお部屋の家賃2ヶ月分が本プログラムの参加費となり、その他の費用は発生しません。
※物件に入居いただかない場合でも発生する費用は、39万8千円~となります。
※入居物件の変更をご希望の場合は価格が変動します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/41664/33/resize/d41664-33-910800-0.jpg ]

※入居物件はイメージです。受講人数が決定次第、受講者の方には詳細をご連絡いたします。

5. 開講日時
2019年12月13日(金)~2020年2月12日(水)
・前半1ヵ月は週3回の講義(月・水・金の10:30~17:30を予定)
・後半1ヵ月はグループ制作
場所:東京都内近郊
※12月2日(月)迄に詳細会場をご連絡致します。

6. お申込み方法
受講希望者の方は、お申込みページ( https://landings.oyolife.co.jp/oyo.geekmaison)よりお申し込みください。申し込み締め切り後、プログラムにご参加いただく方には事務局より詳細を連絡させていただきます。最小催行人数は12名となります。

7. プログラム協力
ジーズアカデミーTOKYO (運営会社デジタルハリウッド株式会社)
学長:杉山 知之
所在地:〒107-0061東京都港区北青山3-5-6 青朋ビル2F

G's ACADEMY TOKYO とは( https://gsacademy.tokyo/
セカイを変えるWebサービスを日本から発信することを目指し、デジタルハリウッド株式会社が2015年4月に設立した、 エンジニア起業家養成スクールです。転職志望の方はもちろん、 起業志望の方が多く通学しており、 現役で活躍する一流エンジニアのメンターサポートをうけ、 オリジナルのTechサービスを開発します。卒業後資金調達に成功したスタートアップはわずか4年間で43社誕生し、 総計27億超の資金調達に成功しています。
また多くの起業志望者に対応すべく、 インキュベート機関『D ROCKETS』を設立。『D ROCKETS』は表参道G’s ACADMY TOKYO BASE内に併設され、 起業家とエンジニアの化学反応を引き起こし、 「セカイを変えるようなWebサービスを日本から産み出す」ことに貢献します。
なお、 運営母体であるデジタルハリウッド大学と大学院では、 大学発ベンチャーの設立数は全国11位(平成31年度実績)となっており、 多数の起業家を輩出しています。

「OYO LIFE CAMP」とは
「OYO LIFE CAMP」は、「OYO LIFE」に住みながらスキルを身につける短期集中型プログラム。英語やプログラミングなど、参加者のニーズにあった内容を集中できる環境で学べます。
オリジナルプログラムとして、これまでの常識を覆すアイデアと実行力で世の中に変革をもたらし、急速に変化するグローバル市場で通用する人材をサポートすることを目指しています。

「OYO LIFE」とは( https://www.oyolife.co.jp/
「OYO LIFE」は、テクノロジーを活用し、スマートフォンひとつで物件探し、契約や支払いのインフラ整備まで一気通貫のサービス提供を実現。家具家電付きの部屋が豊富に揃い、公共料金・Wi-Fi通信費などの基本的なアメニティも含まれています。また、検索しづらい物件情報、複雑な手続き、2年契約の縛りや敷金礼金など、今までの賃貸物件を借りる際に発生する課題を解消。自分のライフスタイルに合ったエリアで新しい生活を手軽に楽しめる新生活サービスです。

「OYO LIFE」運営会社について
社名:OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社
本社:東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング12階

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング