1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【日本発】CBD×TEA リラクゼーションドリンク販売開始!CBD(coffee)が株式会社TeaRoomとコラボ。日本文化のお茶とCBDによる世界に向けたCBDドリンクブランドを目指す。

PR TIMES / 2021年8月23日 13時15分

コラボメニュー3種(和紅茶・煎茶・ほうじ茶)のスパークリングティーを開発。

日本初のCBDをスムージーやコーヒーと一緒に楽しめ、試せるCBDカフェ兼セレクトショップである、CBD(coffee)(本 社:東京都港区/代表取締役:下村亨太)は、株式会社TeaRoom(本社:東京都渋谷区/代表取締役:岩本涼)と共同で「CBD TEA」の制作を行い、CBD(coffee)の店頭で販売を開始いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/63724/33/resize/d63724-33-4630e8125b3af7ae4c1a-21.jpg ]

ストレスからくる不調、リラックスが足りない現代人にとってCBDは必要な成分です。ビタミンやカルシウムが体のケアに必要で普及したように、心のケアをする為に必要なCBDという成分を新しい文化にすべくTeaRoom様に協力いただき日本人に馴染みのある「お茶」とコラボレーションすることで新しい可能性を広げていきます。



「CBD×TEA」3種類のリラクゼーションドリンク
CBD×TEAで今回開発した3種類のリラクゼーションドリンクは日本古来より人々に安らぎを届けてきた日本茶と、リラックス/チルを特性としたCBDをかけ合わせたドリンクになります。リラックス/チルをベースとしつつも、シーンに合わせて楽しめるラインナップを用意し、それぞれのライフスタイルにあった飲み方をご提案いたします。 今後はベースの3種類のテイストを生かしながら、季節に合わせたCBD TEAの開発をしてまいります。お茶にAdd-OnするCBDオイルの役割は実は効果効能などの機能を追加するだけではなく、香りをペアリングさせる役割も担います。それぞれのシーンに合わせたCBD×TEAのご提案をいたしますので、ぜひお気軽に店頭にてご相談ください。



1、ほうじ茶スパークリング(リラックスリラックス)
近年需要が急増するほうじ茶。その焙煎の心地よい香りはキャラメルやコーヒーにも含まれるピラジンという香りの成分で、脳内に落ち着きの脳波であるα波を発生されるとも言われています。社会が大きく変化する中で、チルでリラックスする時間を届けたい、そんな思いを込めて、ゆっくりほっとしたいシーンにおすすめです!
[画像2: https://prtimes.jp/i/63724/33/resize/d63724-33-ec6498550374ebdd1fb4-20.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/63724/33/resize/d63724-33-ab1c129b90d2d1a0244c-3.jpg ]



2、煎茶スパークリング (フォーカスリラックス)
世界で評価される日本の煎茶。日本独自の製法による健康効果等も話題になっています。その中で今回はカフェインが相対的に多く含まれる煎茶を使用したスパークリングドリンクを開発。ベルガモットという柑橘の香りをつけた煎茶を使用したこのドリンクはリラックスしながら集中したいシーンにおすすめです!
[画像4: https://prtimes.jp/i/63724/33/resize/d63724-33-0b3adddadf791e8f9d1a-19.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/63724/33/resize/d63724-33-79d7462e9d29bf72705b-4.jpg ]



3、和紅茶スパークリング(リフレッシュリラックス)
和食の世界遺産登録に伴い、世界で需要が増加している国産紅茶(通称和紅茶)。煎茶品種を使用することで、すっきりとしたレモンや青リンゴのような酸味が特徴の紅茶ができました。今回はこの和紅茶をCBDとの相性を考え、スパークリング化。リラックスをしながらリフレッシュをしたい日におすすめです!


[画像6: https://prtimes.jp/i/63724/33/resize/d63724-33-98948901fe4235894214-18.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/63724/33/resize/d63724-33-f49565c72da22fd47df6-5.jpg ]


コンセプトイラストは松本セイジ様
コンセプトのイメージイラストはJR東海やNIKE、ユニクロなどのイラストも手がける松本セイジ様に依頼しました。
まだまだCBDへの馴染みがない中で人々に伝わりますようにとPOPでイメージが伝わりやすいイラストを描いていただきました。
[画像8: https://prtimes.jp/i/63724/33/resize/d63724-33-e7eb8d540a67953afc16-11.png ]



販売概要
販売時期:2021年8月25日~2021年10月31日
販売店:CBD(coffee)駒場東大前店/CBD(coffee)麻布十番店



■CBD(coffee)
CBD(coffee)は駒場東大前と麻布十番に位置するCBDオイルをスムージーやコーヒーと一緒に楽しめる日本初のCBDカフェ兼セレクトショップです。CBD(coffee)が設けている取扱マニフェスト、お客様マニフェストの安心基準をクリアした製品のみを取り扱い独自のカウンセリングを通して、お客様に合ったCBD商品を紹介しています。日本で初のCBDセレクトショップ兼カフェとして様々なメディアで多く取り上げられ、また大手百貨店様とのコラボレーション出店も手がけているショップです。
[画像9: https://prtimes.jp/i/63724/33/resize/d63724-33-1ac995fea684af84f242-10.jpg ]

■株式会社TeaRoom
2018年の創業より静岡大河内地域に日本茶工場を承継。サステイナブルな生産体制や茶業界の構造的課題に対して向き合うべく、2020年には農地所有適格法人の株式会社THE CRAFT FARMを設立。サプライチェーンの上流から販売までを一貫して担うことで、循環経済を意識した生産・日本茶の製法をもとにした嗜好品の開発及び販売・茶の湯関連の事業プロデュースなど、東京を中心に新しいお茶の需要創造を展開している。
1997年生まれの代表 岩本氏は、一般社団法人お茶協会が主催するTea Ambassadorコンテストにて、京都門川市長より日本代表/Mr.TEAに任命。裏千家での茶歴は14年を超え、2020年9月に岩本宗涼を拝命。「茶の湯の思想 × 日本茶産業」に対する独自の視点で、NewsPicks プロピッカー( https://newspicks.com/user/2541590)など様々な領域で活動中。
[画像10: https://prtimes.jp/i/63724/33/resize/d63724-33-aaaa48cc26a6d9bf5d8d-8.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング