アボット 、在宅医療時等の長期栄養管理に配慮した新製品 「エネーボ(TM)配合経腸用液」を発売開始

PR TIMES / 2014年5月30日 11時46分

― 経腸栄養剤としては国内初となる成分を多数配合 ―



アボット ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長 坂本春喜)は、長期栄養管理時等における必要栄養素の欠乏に配慮した、半消化態栄養剤 エネーボ(TM)配合経腸用液を本日5月30日から発売開始いたします。本剤は、医療用医薬品の半消化態栄養剤として15年ぶりの新製品で、3月に厚生労働省より製造販売承認を取得しています。

現在、日本国内においては高齢化が急速に進んでおり、2025年には65歳以上の高齢者が3割に達するといわれています。2014年の診療報酬改定では、急性期病院の機能分化だけでなく、在宅医療の拡充にも重点がおかれ、地域包括的な医療体制が構築されつつあります。この様な背景において、経腸栄養剤には急性期タンパク異化亢進状態及び慢性期低タンパク栄養不良状態の両方に適応できる製品が渇望されてきました。

アボット ジャパン株式会社 執行役員 栄養剤製品事業部長 武知 秀幸は、「アボットは、日本特有の医療プラクティスと市場ニーズに合わせ、エネーボ(TM)配合経腸用液を開発いたしました。本製品が患者様のQOL(Quality of Life:生活の質)向上に貢献できることを期待しております。」と述べています。

エネーボ(TM)配合経腸用液の効能・効果は、「一般に、手術後患者の栄養保持に用いることができるが、特に長期にわたり、経口的食事摂取が困難な場合の経管栄養補給に使用する」です。

エネーボ(TM)配合経腸用液は、タンパク質の配合比率を高めるとともにBCAA※1 を強化しています。また経腸栄養剤として初めてとなる栄養成分として、抗酸化作用のあるセレンや脂質代謝に関与するカルニチンの他に整腸作用が期待できるフラクトオリゴ糖、糖代謝に関連するクロム、酵素の構成要素であるモリブデン、脂質の消化・吸収に関与するタウリンを配合しました。

【 参考資料 】(別添)
「エネーボ(TM)配合経腸用液」製品概要

※1 BCAA:

タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち、ヒトの体内で合成できないものが9種類あり、必須アミノ酸と呼んでいます。そのうち側鎖に枝分かれした炭素鎖をもつアミノ酸、すなわちバリン・ロイシン・イソロイシンを分枝鎖アミノ酸(BCAA)といいます。BCAAは筋肉でタンパク質を合成するとともに、筋肉のタンパク質分解を抑制する働きがあります。術後などの異化亢進時や筋力が低下する高齢者ではBCAAの比率を高める必要があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング