ガイアックスとネオマーケティングが共同調査。いいね!しているFacebookページ数の平均は23.5個  ~一部の大量いいね!ユーザーが平均を押し上げるも、71%のユーザーがいいね!9個以下~

PR TIMES / 2012年10月19日 14時16分



Facebookの企業向けキャンペーンアプリ・解析ツール「Fantastics(ファンタスティク
ス)」を手がける株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐
司、証券コード:3775)は、Facebookユーザーの利用動向調査の一環として、「Facebook
ページへのいいね!状況や、いいね!後のメール配信に対する反応状況」を調査しました
ので、結果を発表いたします。
この調査の結果、いいね!している(以降、ファンになっている)Facebookページの平均数
は23.5個と多いものの、いいね!数が1~9個のユーザーが37.5%と大多数を占め、全体と
しては大変少なくなりました。

※1本調査は、ソーシャルメディアマーケティングの研究機関「GaiaXソーシャルメディア
ラボ」と、インターネットリサーチの「株式会社ネオマーケティング」が共同で行いま
した


● ファンになっているFacebookページが9個以下のユーザーが71%
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Facebookページのウォール投稿がファンのニュースフィードにどれだけ表示されるかは、
エッジランク(※2)という仕組みによって決まりますが、そもそも一人ひとりのユーザー
の友達数やいいね!しているFacebookページ数が多ければ、ニュースフィードへの表示
競争率が高くなり、当然表示される率が低くなってしまいます。
いいね!数が1~9個が37.5%という結果は、今後もFacebookページ運用でエンゲージメン
ト(※3)を獲得していきたい企業によって朗報と言えるでしょう。


※2 エッジランクとは、ユーザー一人ひとりのニュースフィードに最適化された投稿を
表示するFacebookが開発した仕組みです。アカウント同士の親密度、投稿へのいいね!数
やコメント数、時間が主な指標と言われています。
※3 消費者とサービス提供者の関係を意味する言葉で、消費者が各種メディアを通して
触れるコンテンツや広告メッセージを見るだけでなく、実際に浸透を周囲にアクションを
とってもらうことを意味する。Facebookページにおいては、ページの投稿(ポスト)に対
してユーザーがいいね!やコメントなどのアクションをとること。



< 調査概要と主な調査結果 >

(1) 調査概要
 調査方法 ネオマーケティングの「アイリサーチ」を用いたWebアンケート方式
 調査地域 全国
 調査対象 20~59歳の男女
 有効回答数 400サンプル
 調査日時 2012年8月6日(月)~2012年8月7日(火)
 対象者条件 Facebookに登録している人
 調査主体 GaiaXソーシャルメディア ラボ http://gaiax-socialmedialab.jp/
            
株式会社ネオマーケティング http://www.neo-m.jp/

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング