新庄剛志さんがイメージキャラクターを務めるワークウエアブランド 『Jawin』のプレゼントキャンペーンに「marcs」が採用

PR TIMES / 2014年8月22日 13時43分

クイズのヒントがもらえるAR動画コンテンツを提供



AR技術をベースにスマートフォン事業を手掛けるアララ株式会社(レピカグループ、本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介 以下アララ)は、株式会社自重堂(本社:広島県福山市、代表取締役社長:出原正貴、以下自重堂)が展開する若い世代向けのワークウエアブランド『Jawin(ジャウィン)』の自重堂90周年記念「2014AWウェブプレゼントキャンペーン」に、アララが提供する「marcs(マークス)」が採用されたことを発表いたします。

アララは、国内外300件以上の導入実績をもつスマートフォン向けARプラットフォームサービス「ARAPPLI(アラプリ)」の実績を踏まえ、株式会社エーエヌラボと共同で、AR動画の再生に特化した新サービス「marcs」の提供を今年3月に開始いたしました。「marcs」を利用すると、「MARCS STUDIO」と呼ばれるWebブラウザの管理画面で画像と動画を登録するだけで、簡単にAR動画コンテンツを作成することが出来ます。作成したAR動画は、スマートフォンアプリ「marcs」を使って、簡単に視聴することができます。

自重堂は、ユニフォームから看護服、メンズカジュアルウエアまで幅広い商品を製造販売している、ユニフォームのトップメーカーです。『Jawin(ジャウィン)』は、現場で働く若者たちのワークウエアとして、機能性はもとよりファッション性を兼ね備えた、新生カジュアルワークウエアのブランドで、現在新庄剛志さんがイメージキャラクターを務めています。今回「marcs」は、自重堂90周年を記念して実施されている『Jawin』の「2014AWウェブプレゼントキャンペーン」において、特設ページ内の新庄剛志さんのビジュアルや、駅構内に掲示されている看板、雑誌に掲載されているビジュアルにスマートフォンをかざすと、特別映像が見られるAR動画コンテンツを提供しています。本キャンペーンは、クイズに答えると抽選で『Jawin』オリジナルグッズが合計101名に当たるというもので、「marcs」で見られるAR動画内の新庄剛志さんのコメントが、クイズのヒントにもなっています。

「marcs」をダウンロードすると、カタログやパンフレットなどの静止画にかざすだけで動画が再生され、さらに関連webサイトやカタログに関連する映像なども楽しむことができます。 今後も「marcs」は、静止画だけでは伝えきれない情報を動画によって配信し、新しい映像体験を提供していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング