Speee、Arm Treasure Dataとパートナーシップを強化。新サービスPAAMで「Arm Treasure Data eCDP」を活用しマーケターを支援

PR TIMES / 2019年4月18日 11時40分

データインテグレート手法と予測分析技術を活用した、「PAAM(Predictive AnalyticsAnd Marketing、パーム)」を提供する株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚英樹、以下Speee)は、英Arm(本社:英国ケンブリッジ、以下Arm)とデータマネジメント分野における協業を強化し、Armが提供するカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data eCDP」の活用を強化してまいります。



[画像: https://prtimes.jp/i/14788/34/resize/d14788-34-778291-0.png ]

■業務提携の目的・背景
Speeeは、マーケティング活動の意思決定を支援する 「PAAM(Predictive AnalyticsAnd Marketing、パーム)」を開始しました。マーケターを支援する予測分析は、データを収集・成形・解釈を行い、ユーザーの反応や行動を予測する環境を構築する必要があります。

「Arm Treasure Data eCDP」は、オンライン広告配信やマーケティング、CRM(顧客管理システム)などの領域において、顧客一人ひとりのデジタル上の行動ログデータや属性データなどのカスタマーデータを統合することで、パーソナライズを軸とした顧客ロイヤリティの向上やデジタルによるビジネス変革を可能とするプラットフォームです。

PAAMでは「Arm Treasure Data CDP」を活用することで、データの蓄積・統合だけでなく、その後の利活用のための連携もスムーズに実現することが可能になります。

Speeeでは、今後もさまざまな企業とのパートナー契約や、システム連携を通じ、PAAMでの付加価値向上を目指すとともに、マーケター支援を行ってまいります。

■株式会社Speeeについて
Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。マーケティングインテリジェンス事業、デジタルトランスフォーメーション事業、医療事業や東南アジアでのHR事業など幅広い領域に展開しています。提供するサービスには、マーケティング活動の意思決定を支援するサービス「PAAM」( https://paam.speee.jp)、ネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」( https://uzou.jp)、不動産査定サービス「イエウール」( https://ieul.jp)、データプラットフォーム事業の「Datachain」( https://datachain.jp)などがあります。

社名  :株式会社Speee
事業概要:マーケティングインテリジェンス事業、デジタルトランスフォーメーション事業
設立  :2007年11月
所在地 :東京都港区六本木四丁目1番4号
代表者 :代表取締役 大塚 英樹
資本金 :30,940,000円
URL  : https://speee.jp
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング