1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

クラウドPBX「トビラフォン Cloud」がリニューアル

PR TIMES / 2022年1月12日 20時15分

機器設置不要で固定電話番号を利用できる新プランを提供開始

トビラシステムズ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:明田 篤、証券コード:4441、以下「トビラシステムズ」)は、提供するクラウド型ビジネスフォンサービス「トビラフォン Cloud」のオプションサービスとして、回線敷設や機器を設置することなく固定電話番号(0ABJ番号)による発着信が可能なオプションサービスの提供を、2022年1月12日より開始します。



■「トビラフォン Cloud」について

[画像: https://prtimes.jp/i/34282/34/resize/d34282-34-91ff5227e5ab7a99c07d-0.png ]

「トビラフォン Cloud」は、クラウドPBX を利用した設備投資不要のクラウド型ビジネスフォンサービスです。スマートフォンに「トビラフォン Cloud」アプリを入れることで、外線・内線・転送・グループ着信・IVRなど、ビジネスフォンに必要な機能が利用できます。個人のスマートフォンにアプリを入れるだけで、電話番号や通話料を私用と社用で簡単に使い分けられます。

■固定電話番号(0ABJ)対応追加オプションについて
「トビラフォン Cloud」はこれまで、「050」で始まるIP電話番号のみ利用可能でした。今回提供開始する「固定電話(0ABJ)番号※対応追加オプション」を基本セットに組み合わせることで、オフィスや外出先からスマートフォンなどを使って、既存の固定電話番号(0ABJ番号)での発着信も可能になります。現在ご利用中の会社代表番号などの0ABJ番号を変更する必要がなく、継続利用が可能です。機器設置が不要のため、高額なPBXやビジネスフォンを購入する必要がなく、工事不要で誰でも簡単にオフィスの電話をWeb上で設定可能になります。

※固定電話(0ABJ)番号は、固定電話に割り当てられる03や06からはじまる電話番号

■料金プランの見直しについて
リニューアルに伴い、これまでの050番号版「トビラフォン Cloud」の料金プランも見直しを行います。これまでセット単位でしか追加できなかった外線番号や内線番号が、必要な回線数だけ追加できるようになります。

「トビラフォン Cloud」公式サイト
https://tobilaphone.com/biz/cloud/

■「トビラフォン Cloud」 3つの特徴
・テレワーク環境の整備が簡単
個人のスマートフォンにアプリを入れるだけで、在宅勤務やリモートワーク、フリーアドレスなど様々な働き方に柔軟に対応できる環境整備が可能です。固定電話(0ABJ)番号に対応したことで、会社の代表電話をとるために出社する必要がなくなります。また、共有のクラウド電話帳で、登録している顧客情報を共有することもできます。

・固定電話&社用携帯が不要になり、通信費の圧倒的コスト削減
主装置がクラウドにあるサービス形態のため、設備投資費用が削減できます。企業活動に活用する代表電話、社用携帯などをすべて集約することができ、圧倒的な固定費(通信費)削減が実現できます。

・「電話の見える化」で、営業&総務部門のDXが実現
通話数や営業活動状況を分析しグラフ表示する「ダッシュボード機能」でオフィスの電話業務を見える化できます。また、「トビラフォン Cloud」の通話録音ファイルがクラウド上に保存されるため、先輩社員の営業トークを使った学習や、言った言わないのトラブル防止に活用できます。

「トビラフォン Cloud」は、次世代を見据えた新たなコミュニケーションサービスを提供することで、企業の営業・総務業務のDX推進を支援していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください