Japan’s Best Global Brands 2012 ~日本のグローバル・ブランドTOP30及び日本の国内ブランドTOP30~

PR TIMES / 2012年2月14日 18時21分



Interbrand “Japan’s Best Global Brands 2012”
「日本のグローバル・ブランドTOP30」及び「日本の国内ブランドTOP30」を発表
震災、洪水、円高という逆境の中でも、日本のトップブランドはブランド価値を堅持。
NissanとBridgestoneが大きくブランド価値を向上。
Subaru, Fujifilm, Mujiがランクイン、Olympusと東京電力は圏外へ。
世界最大のブランドコンサルティング会社であるインターブランドは、日本発のブランドを対象に、“世界基準”によるブランド価値評価ランキング“Japan’s Best Global Brands 2012(日本のグローバル・ブランドTOP30)”を発表します。本ランキングはグローバルな事業展開を行う日本発のグローバルブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもので、本年で4回目となります。また、この評価結果は1999年より毎年公表しておりますグローバルのTOP100のブランドランキング“Best Global Brands”と比較可能なものとなります。併せて、今回2回目となる「日本の国内ブランドTOP30」も発表します。
<“Japan’s Best Global Brands 2012(日本のグローバル・ブランドTOP30)”>
東日本大震災とそれに続くタイの大洪水による生産ラインの停止、原発事故の放射能漏れによる食品を中心とした日本製品の安全性への疑問など、2011年は日本ブランドの威信が大きく揺らいだ1年となりましたが、日本グローバルブランドTOP30のブランド価値合計額は、前年比1.4%の微増という結果となりました。Japan’s Best Global Brands 2011及び2012の各ランキング評価時と同時期の東証第一部上場株式時価総額の合計金額の推移を比較すると、株価が下落する状況下においても、“Japan’s Best Global Brands”ランクインブランドは自社のブランド価値を高めており、ブランドは企業の有益なビジネス・アセットとしての価値を有することを示しています。適切な投資をされたブランドは、危機の中でも企業活動に多くのメリットをもたらし、ビジネスの継続性において大きな優位性をもたらします。
自動車セグメントは、「環境」対応と「新興国」市場の急成長によりブランド力高まる

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング