20代女性の「肌」の自己評価、平均点はわずか51点・・・ 2大悩みは「毛穴」と「乾燥」 肌対策の注目アイテムは「りんご」! 「腐らないリンゴ」で再注目・・・専門家が語る「りんご」の美容効果

PR TIMES / 2013年2月4日 12時45分

生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、現代の若い女性たちの「肌」の状態を知るため、20~29歳の女性500名に対して、「肌」に関する調査をおこないました。今回の調査により、20代女性たちの多くが、「毛穴」や「乾燥」をはじめとした、肌の悩みを抱えていることが分かりました。
また、本調査の結果をもとに、美容ジャーナリストの城後紗織氏に、若い女性でも肌に悩みを抱えている人が多い背景や、肌トラブルを解決する上でおすすめのアイテム・成分などをお伺いしました。




■「肌に自信がある」20代女性は3割未満・・・気になる肌トラブルは「毛穴」と「乾燥」

近年、年齢が若くても、肌に悩みを抱える女性が増えています。今回の調査では、20代の女性500名に、自身の「肌」の状態について質問をおこないました。
まず、「自分の肌に自信がありますか?」と質問したところ、「自信がある」と回答した女性は26%で、わずか3割未満という結果に。また、「自分の肌に点数をつけるとしたら何点くらいだと思いますか?」と聞くと、平均点はわずか51点となりました。20代という若い年齢にもかかわらず、女性たちの肌に対する自己評価は、決して高いとは言えないようです。
続いて、「現在、肌の悩みがありますか?」と聞いたところ、81%と大多数が「ある」と回答。具体的な悩みとしては、「毛穴の目立ち」(70%)、「乾燥・かさつき」(61%)が特に多く、以下、「にきび・吹き出物」(56%)、「しみ・ソバカス」(47%)、「肌があぶらっぽい」(27%)、「肌のくすみ」(26%)と続きました。「毛穴」や「乾燥」をはじめ、さまざまな肌トラブルを気にしている女性たちの様子がうかがえます。
それでは、これらの悩みに対して、女性たちはどのような対処をしているのでしょうか。はじめに、「肌の悩みに対して、対策やケアをしていますか?」と聞いたところ、70%の女性が「している」と回答。具体的な対策方法としては、「化粧水を使っている」(93%)、「洗顔フォームを使っている」(76%)、「十分な睡眠をとるようにしている」(46%)、「バランスの良い食事を心がけている」(37%)などが上位にあがりました。しかし一方で、「自分の肌にあった対策やケアができていると思いますか?」と聞くと、「思う」と回答した女性は65%にとどまりました。残る3人に1人については、自分にあったケアができていない状況のようです。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング