【4月24から30日は予防接種週間です】ユニセフ・ 予防接種を受けられない子どもは世界で5人に1人

PR TIMES / 2013年4月23日 17時52分

予防接種を受けていれば、守れたはずの命は150万人

4月24日から4月30日までの世界予防接種週間にあたり、ユニセフは、予防接種を受けていれば
2011年に150万人の子どもの命が守れたはずだと発表しました。




世界で予防接種を受けられない子どもは、5人に1人。社会的に、または、地理的に保健サービスから除外されている、予防接種を行う資金がない、保健システムが整っていない、シリアや西アフリカのように紛争で保健サービスが受けられないなどの理由で、子どもたちは命を守るのに必要な予防接種が受けられません。


世界のあらゆる子どもたちは、より健康であるために予防接種を受ける必要があり、ワクチンは、毎年200~300万人の子どもたちの命を守っているとみられます。米国疾病予防管理センターによると、予防接種は20世紀の公衆衛生が成し遂げた10の偉業のひとつであり、極めて費用対効果が高い取組みでもあります。例えば、はしかから子どもを守るための費用は1米ドル以下なのです。

しかし、2011年2240万人の子どもたちが予防接種を受けておらず、前年より100万人以上増えました。資金不足や不安定な政治状況により、「あらゆる子どもたちに予防接種を」という世界での取組みが足踏み状態にあり、ユニセフはこの事態に懸念を抱いています。

WHOに加盟する193カ国のうちわずか、予防接種のために予算を当てたのは152カ国であり、41カ国では予算が割り当てられませんでした。

国内において、また国家間において、ワクチンの接種率には格差があります。
いかなる国であっても、経済力のある家庭は最もよい保健サービスを
最も利用することができ、接種率も最も高いのです。


ユニセフは、この格差を埋める努力をしなければ、すべての子どもたちが予防接種を受けることはできないとしています。同時に、保健システムの改善のひとつに定期的な予防接種を組み込み、投資をすれば、子どもたちは予防接種を受けられます。このためには、政府は十分な資金や、肺炎や下痢を防ぐワクチンを取り入れるなどの革新も求められます。


そして、最も重要なことは、最も貧しく、最も不便な場所に住んでいる家庭の子どもたちが予防接種を受けられるようにするためには、ゆるぎない政治的な支援が必要です。

ユニセフは、世界の子どもたちの36%にワクチンを供給しています。
2012年、ユニセフは約19億回分のワクチンと注射器5億本以上を調達しました。世界で最もワクチンを購入している組織であり、低所得国や中所得国がワクチンを購入できる価格を維持するよう、調整しています。2012年、ユニセフとパートナー組織は、100以上の国で予防接種プログラムを行いました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング