早朝から深夜まで人通りの絶えない梅田駅1階中央コンコースにインパクトのある多彩な表現で広告が可能な阪急デジタルサイネージ『梅田ツインビジョン』が登場します

PR TIMES / 2014年3月5日 10時51分

阪急電鉄では、梅田駅1階中央コンコースに、大型のデジタルサイネージ『梅田ツインビジョン』を新設し、4月14日(月)より放映を開始します。



リリースはこちら → http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140304_2230.pdf

関西有数の待ち合わせスポットとして知られる『BIG MAN(ビッグマン)』前広場の一画(大阪市営地下鉄梅田駅方面への主要動線上)に設置する『梅田ツインビジョン』は、55インチディスプレイを縦に3面、横に6面並べて一体型とし(約300インチ)、これを2基並列に設置した大型デジタルサイネージです。迫力ある大画面で注目度抜群の広告媒体として広く広告を募り、皆様に旬な情報を提供していきます。

梅田駅においては、本年2月に2階JR連絡陸橋部分に縦型47インチのデジタルサイネージを新しく6基(6面)設置したほか、今後さらに複数個所でデジタルサイネージを整備していく予定です。


1.媒体名称 阪急デジタルサイネージ『梅田ツインビジョン』

2.放映開始予定 2014年4月14日(月)

3.放映時間 5:00~24:00

4.設備概要(1基あたり)
●画面サイズ(横×縦)  55V型18面全面表示の場合:約300インチ(7.3m×2.1m)
            (中央で分割表示の場合、約165インチ×2) ※下図参照
●液晶パネル  IPS/ダイレクトLED
●輝度  800cd/m2
●画像解像度(横×縦)  3,840×1,080画素(フルHD)
●視野角  水平方向178°/上下方向178°
●ベゼル幅  5.3mm
●音声出力  非対応


5.画面構成例(1基あたり次の6つのパターンで放映可能です)


6.広告媒体としてのご利用
■放映料金
 15秒を1広告として(2基同時放映)/6分ロール 1週間 300,000円(税別)
■お問い合わせ先 株式会社阪急アドエージェンシー
 TEL.06-6373-6805(営業開発部)


阪急電鉄 http://rail.hankyu.co.jp/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング