ザイリンクスと TEKTELIC、スケーラブルな IP とハイ パフォーマンス トランシーバによりヘテロジニアス無線インフラストラクチャの開発期間を短縮

PR TIMES / 2013年2月28日 12時38分

ハイ パフォーマンス アナログ ワイドバンド トランシーバと先進的な無線 IP により 2G、3G、4G 無線アクセス システム開発を合理化

ザイリンクス社(本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX)は 2 月 21 日 (米国時間)、ハイエンド ピコセルやマイクロセル、マクロセル、アクティブ アンテナ アレイといった次世代ヘテロジニアス ワイヤレス ネットワークのデザインに利用できるハイ パフォーマンス開発ソリューションが利用可能になったと発表した。ハイ パフォーマンスでダイナミックレンジが広い TEKTELIC 社のワイドバンド トランシーバを ザイリンクスのスケーラブルな無線 IP コアとともに用いることで、ワイヤレス システムのデザイン チームの生産性を大幅に高め、一世代先に進むことが容易になる。

ザイリンクスのスケーラブルな DFE (デジタル フロントエンド) IP コアは、DUC/DDC (デジタル アップおよびダウン) 変換や CFR (クレストファクタリダクション)、DPD (デジタル プリディストーション) に対応しており、TEKTELIC 社のワイドバンド無線トランシーバに接続された標準的なザイリンクス FMC 評価ボード上で動作するため、機器の設計者がこれを利用すれば、自前のパワー アンプリファイアを用いてザイリンクスの無線 IP を評価したり、ザイリンクスのデバイス上で独自の IP をプロトタイピングし開発することが可能である。TEKTELIC 社のトランシーバはハイ パフォーマンス RF とミックスド シグナル トランスミッタを提供するほか、要件が厳しいマルチキャリア GSM といったあらゆるセルラー無線インターフェイス規格をサポートするオブザベーション レシーバも利用できる。

ザイリンクスのワイヤレス プロダクト マーケティング担当ディレクターであるデービッド ホーク (David Hawke) は、「DFE IP にトランシーバを組み合わせることによって、最近登場しつつあるヘテロジニアス ワイヤレス ネットワーク向けのソリューションを迅速に開発できるようになります。このネットワークでは、システムがピコセルであるか、マイクロセル、マクロセル、あるいはアクティブ アンテナ アレイであるかによって要件が異なるからです。この IP はこうしたさまざまな要件に応じてスケーリングが可能な点で他に類を見ないもので、28nm シリコンによって低コスト、低消費電力とハイ パフォーマンスを実現できるだけでなく、開発期間が短いため市場投入までの期間を大幅に短縮できるメリットもあります」と述べている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング