パンパ―ス、「あなたらしい子育てが、いちばん。」プロジェクトより「ちいさな奇跡に、いちばんの贈り物を」キャンペーン開始 「肌へのいちばん*」シリーズの購入が低出生体重児の支援に!

PR TIMES / 2020年8月31日 13時15分

第一弾として、低出生体重児専用おむつの寄付が決定、今後も低出生体重児とその家族への支援活動を順次実施予定

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(本社:神戸市/以下P&G)の、赤ちゃんの健やかな成長を応援する乳幼児用紙おむつブランド「パンパース」は、低出生体重児とその家族を支援する「ちいさな奇跡に、いちばんの贈り物を」キャンペーンを2020年9月1日(火)より全国で開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/31986/35/resize/d31986-35-874994-0.jpg ]

パンパースは、1977年に日本へ上陸し、国内の一般家庭に紙おむつを普及させて以来、43年間ずっとママやパパに寄り添い、赤ちゃんのことをいちばんに考えた製品を開発し続けてきました。2020年1月には子育てを頑張っているすべてのママやパパに少しでも寄り添い、多様な子育てを認め合える未来を目指すべく、「あなたらしい子育てが、いちばん。」プロジェクトを立ちあげ、道の駅をはじめとした全国の公共施設や商業施設などへのおむつ交換台やベビーケアルームの設置支援を実施してきました。

この度、「あなたらしい子育てが、いちばん。」プロジェクトの新たな活動として、パンパースの「肌へのいちばん*」シリーズの対象商品のご購入が低出生体重児の支援につながる「ちいさな奇跡に、いちばんの贈り物を」キャンペーンを開始いたします。まずは、第一弾として、一部のNICU(新生児集中治療室)に、低出生体重児向けに設計された「パンパースのはじめての肌へのいちばん*シリーズ 病産院向けおむつ」を寄付します。NICUに入院している赤ちゃんとそのご家族の皆さんが快適な時間を過ごすための支援活動を、今後も順次実施していきます。

■「ちいさな奇跡に、いちばんの贈り物を」キャンペーン概要
キャンペーン期間中の「パンパースの肌へのいちばん*」シリーズ対象製品のご購入*1が、低出生体重児専用に設計された「パンパースのはじめての肌へのいちばん* シリーズ 病産院向けおむつ」の寄付やその他の低出生体重児支援につながります。

キャンペーン期間:2020年9月1日~2020年12月31日(一部小売店舗にて先行開始)
キャンペーン公式サイト URL: https://campaign.pampers.jp/watashirashii-kosodate
対象製品:パンパ―ス「肌へのいちばん*」シリーズ、「肌へのいちばん* ピュア」のおむつ全商品
(※「肌へのいちばん* おにいさん/おねえさん気分パンツ」は除く)

* "肌へのいちばん"以外の当社製品比
*1 2020年9-12月における、肌へのいちばん テープ・パンツ、およびピュアの出荷量に基づき寄付する数量を算定します。

※支援内容はパンパースが、低出生体重児をもつパパママの声や、NICUでの低出生体重児医療にかかわる医師・看護師の皆様の声を確認させていただき、総合的な判断で検討させていただきます

‐‐‐‐‐‐

[画像2: https://prtimes.jp/i/31986/35/resize/d31986-35-777913-3.png ]

愛知医科大学病院 周産期母子医療センター部長

山田恭聖 先生

「低出生体重児は、1日のうち最大90%の時間を睡眠に費やし、質のいい眠りにつくことによって成長が促されます。良質な眠りにより体や臓器の成長が促され、発達途中の脳も引き続き発達を続けることができるのです。

しかし本来お母さんのお腹の中で、良質な睡眠を邪魔されることなく成長するはずの時期にNICUに入院となった赤ちゃんには、その睡眠を妨げる多くのストレスがあります。

その中でも、低出生体重児の赤ちゃんにとって、頻回なおむつ換えのケアやおむつかぶれは、発達のために必要な睡眠を邪魔してしまう可能性があります。低出生体重児の睡眠を邪魔しないためには、あまりお尻を持ち上げなくても交換できる、吸収力が高く長時間の装着でもかぶれにくいなどの特徴の備わった、低出生体重児専用のおむつを利用することが重要です。

今回のパンパースの支援キャンペーンを通じて、低出生体重児用おむつがNICUに寄付されることは、低出生体重児の赤ちゃんやそのご家族、そして医療従事者をサポ―トする、非常に意義のあることだと思います。このキャンペーンを通じて、より多くの方が低出生体重児の赤ちゃんについて理解を深めてもらえることを期待しています。」

‐‐‐‐‐‐

■あなたの赤ちゃんにもいちばんの眠りを。
「パンパースのはじめての肌へのいちばん* シリーズ 病産院向けおむつ

[画像3: https://prtimes.jp/i/31986/35/resize/d31986-35-229588-2.jpg ]

パンパースは、世界初の低出生体重児向け紙おむつを2002年にアメリカで導入しました。そして日本においても、2007年に病産院向け低出生体重児用製品を発売しました。国内外150名以上のNICU看護師のみなさまのご意見を伺い*2、2020年春には5S・6Sサイズをリニューアルしました。
「ちいさな赤ちゃんの大切な睡眠を守りたい」。そんな思いで開発されたパンパースの低出生体重児用おむつは、肌への刺激が少ない素材を使用。さらにしっかりとフィットし、モレを防ぐなど、赤ちゃんにとって心地よい眠りをサポートします。また、テープ部分は前後どちらも取り外し可能なリバーシブル設計で、どんな体位でもおむつ替えが可能です。
低出生体重児を含むすべての赤ちゃんのために、おむつ替えの際の安全性、心地よさ、やさしいケアを届ける信頼性の高い製品を提供するため、パンパースは今後も病産院やNICUの医療従事者の皆様と協力しながら研究や開発を続けてまいります。

*2 P&G 調べ(2016 年 8 月 US COINN(国際新生児看護協会・カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー会議)に来場した日本人看護師に対するインタビュー

■P&Gについて
P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界中の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、紙おむつ「パンパース」をはじめとして、衣料用洗剤「アリエール」「ボールド」「さらさ」、柔軟剤「レノア」、エアケア製品「ファブリーズ」、台所用洗剤「ジョイ」、吸水ケアブランド「ウィスパー」、ヘアケア ブランド「パンテーン」「h&s」「ヘアレシピ」、スキンケア製品「SK-II」、シェーブケアブランド「ジレット」「ブラウン」、電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」など、様々な製品を提供しています。( https://jp.pg.com/)

【お客様・製品関係】
P&G お客様相談室 TEL: 0120-021329
パンパース ブランドサイト http://www.jp.pampers.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング