NIPPON Rebirth Project「日本のタネ」 ~逆境?そんなもの乗り越えてやる!「2012年こんな年に!」生活者調査レポート

PR TIMES / 2012年1月11日 15時23分



株式会社I&S BBDO(代表取締役社長:加藤和豊、本社:東京都中央区)は、東日本大震災後の日本の生活者の意識や行動の変化を調査してまいりました。今回は、20~50代男女を対象に「今年の抱負」について生活者調査を全国で実施しました。その結果を抜粋してお届けします。

【調査結果 1.2012年、こうなりたい!】
第1位   なにより、明るく幸せな一年に (13%)
第2位   変化する。新しい一歩に  (10%)
第3位   忙しい一年にチャレンジ  (5%)

東日本大震災の影響で、日本経済や自分の生活を心配する声が多かったものの、どん底を経験した後「とにかく明るく 幸せな一年に」という強い希望が多く見られました。

☆コメント抜粋☆

1.なにより、明るく幸せな一年に、Happyな年に

・ハッピーな年になりそう。2011年がどん底だったので。今、巻き返そうとがんばってます。(20代・男性)
・楽しい年に。9年ぶりに新車購入を考えている。(50代・男性)
・明るく、幸せな年に。そう思うようにしようって決めたん。(20代・女性)
・ハッピーな年に。自分のやりたいことをどんどんやろうと思っているから。(30代・女性)
・バラ色に輝く素敵な年に。昨年のつらさを乗り越えられたので、豊かな感情のある楽しい日々が待っているはず。(50代・女性)

2.変化する。新しい一歩に

・勝負の年に。日本経済は好転しそうな気配がないので、気持ちだけは勝負する心構えでいたい。(30代・男性)
・リニューアルできる。ステップアップできそうだし、日本も本格的に復興と景気回復が始まりそう。(40代・男性)
・変化、新しい生活の始まりの年に。引越して入籍するつもり。(40代・女性)

3.忙しい一年にチャレンジ

・刺激が多い忙しい年になりそう。新しい環境になり、出会いが多くある1年になりそうだから。(20代・女性)
・とっても忙しい年になりそう!良い意味で忙しければ良い。(50代・女性)

4.その他
・平凡な年になりそう。2011年は激動だったから。平凡はある意味贅沢なことだと思う。(40代・女性)


【調査結果 2.2012年に+(プラス)したいこと、その一歩を踏み出すためにどんなことをする?】

ダイエットやスポーツ、資格取得、趣味の充実、恋愛や結婚を望む声が多く挙げられました。そのためには、一人で行うよりも、周りの人達を巻き込むことがコツと気づいているようです。SNSを活用したり、リアルな出会いの場を自ら作ったりと、確実に「一歩踏み出している」姿が見られました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング