LPI-Japan、中国で日本語の『OSS-DB技術者認定試験』配信を開始

PR TIMES / 2012年4月5日 15時40分

OSS/Linux技術者認定機関として「LPIC」および「OSS-DB 技術者認定」を実施
する特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(以下LPI-Japan、東京都千代
田区、理事長 成井 弦、www.lpi.or.jp)は、2012年4月より、中国(※1)で
オープンソースデータベース技術者認定試験(※2)(以下、本試験と略す)を
日本語で配信すると発表しました。

本試験は、企業でのOSS-DB活用の増加、またOSS-DB技術者の育成へのニーズに
応え2011年7月にLPI-Japanが日本で配信を開始したものです。試験内容は、
OSS-DBに関する基本的な知識を問う「Silver」と、応用レベルの「Gold」の二
つのレベルの試験から構成されます。本試験は既に多くの企業にて推奨資格と
して採用されており、認定者数も順調に増加しております。

今回の中国における本試験の配信は、日本国外でピアソンVUE社によって配信
される、はじめての日本語試験です。日本語での配信が求められた背景には、
年々増加する日本からのITシステムの開発・運用のアウトソーシング案件があ
ります。特に今回受験が可能となる大連は、多くのIT関係企業が拠点としてい
る都市となり、アジア地域でのITシステム開発・運用の中心として非常に成長
している地域です。

LPI-Japanは、今後、中国での試験配信にとどまらず、アジア各国での
OSS/Linuxの啓蒙・普及活動にも積極的に携わり、それらの活動を通じて日本
を含むアジア地域におけるOSS/Linux教育の活性化及び、OSS-DB技術者認定試
験の普及を推進していきます。

----------------------------------------------------------------------
※1)中国での受験方法について
・今回の配信によって受験が可能となるテストセンターは大連など3箇所とな
ります。
その他の地域では順次対応の予定です。
・受験予約の方法に関しましてはピアソンVUEホームページをご参照ください。
http://www.pearsonvue.com/japan/IT/oss-db_index.html (日本語ページ)
http://www.pearsonvue.com/oss-db/ (英語ページ)
----------------------------------------------------------------------
※2)OSS-DB技術者認定試験について
詳細はホームページをご参照ください。
http://www.oss-db.jp/
----------------------------------------------------------------------

●本リリースのお問い合わせ先
LPI-Japan 事務局 担当:井戸田
TEL :03-3261-3660、FAX: 03-3261-3661 / E-mail:press@lpi.or.jp



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング