ギャル漫画家と経営コンサルタント、異色コラボによる営業ノウハウ本

PR TIMES / 2013年8月29日 9時32分

~図解とマンガで営業力が身につく『「営業がイヤだ!」と思ったら読む本』上梓~

経営コンサルティングの株式会社NIコンサルティング(東京都港区港南)の代表取締役・長尾一洋は、ギャル漫画家・浜田ブリトニー氏(株式会社PIECE EIGHT 代表取締役)と共著で『「営業がイヤだ!」と思ったら読む本』(中経出版)を上梓します。



長尾一洋の営業ノウハウを、浜田ブリトニーさんのマンガでわかりやすく解説


 経営コンサルタント・長尾一洋とギャル漫画家・浜田ブリトニーさんとの異色のコラボレーションによる営業ノウハウ本です。
 「営業の仕事は辛い」「客にヘコヘコするのがイヤだ」「営業で心が折れてしまった」といった営業担当者の弱音、本音、泣き言、悩み、嘆きをよく耳にします。しかしそれは、営業本来の価値や面白味を知らないことによる誤解があったり、頑張っているつもりになっているだけで、ただ怠慢、努力不足によって成果が出ていないだけであるケースも少なくありません。
 本書では、そのような営業に苦戦しているビジネスパーソンを対象に、長尾一洋が浜田ブリトニーさんの相談に乗るというスタイルで、売り込まなくても売れる、誰でも安定的に高い確率で売れるようになる仕組みをつくる営業手法「ストラテジック・セールス」を、浜田ブリトニーさんのマンガを添えて、読みやすく分かりやすく解説しています。
 長尾が説く営業論を浜田ブリトニーさんのマンガによって、笑いながら、簡単に読めるようにしたことで、日頃ビジネス書を読まないような営業担当者であっても取っ付きやすいように工夫しております。
 さらに、浜田ブリトニーさんの営業論、営業テクニックも紹介されており、ホームレスギャル漫画家としてデビューし、タレント業もこなし、今や企業経営者ともなった浜田ブリトニーさんの笑える成功ノウハウも学べる内容になっています。


目次


●第1章 営業を楽しむ方法
●第2章 営業は「断られること」を前提に考える
●第3章 営業の勝ちパターンをつくる1. 計画・アポ・商談編
●第4章 営業の勝ちパターンをつくる2. プレゼン・企画書・次回予定・接待編
●第5章 営業は「一度売って終わり」ではない


出版情報


●著者:長尾 一洋、浜田ブリトニー
●出版社:株式会社中経出版
●定価:1,050円(税込)


著者紹介


●長尾 一洋(ながお かずひろ)
株式会社NIコンサルティング 代表取締役
中小企業診断士
横浜市立大学商学部経営学科を卒業後、経営コンサルティング会社で営業指導、戦略策定、人事改革などを経験し、課長職を経て独立。1991年に株式会社NIコンサルティングを設立し、日本企業の経営体質改善、営業力強化、人材育成などに取り組む。ITツールの活用によりコンサルティングをローコスト化し、自社開発の「可視化経営システム」は3000社を超える企業に導入され、営業力や仮説検証力の強化を実現している。
【主要著書】
『「営業がイヤだ!」と思ったら読む本』(中経出版)、『リーダーは誰だ?』(あさ出版)、『「仕事のゲーム化」でやる気モードに変える』(実務教育出版)、『営業マンは「目先の注文」を捨てなさい!』(中経出版)、『戦略の見える化』(アスコム)、 『孫子の兵法経営戦略』(明日香出版社)、『社員の見える化』(中経出版)、『見える化コミュニケーション』(あさ出版)、『営業の見える化』(中経出版)、『仕事の見える化』(中経出版) 他多数

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング