TeamViewer 9の提供開始

PR TIMES / 2013年12月5日 11時27分

最新リリース版がIT部門に更なる利便性と効率性を提供 新たなパブリックAPIにより、企業は自身のインフラ設備へTeamViewer機能の統合が可能に



リモートコントロール・ソリューションとオンラインプレゼンテーションソフトウェアのスペシャリストであるTeamViewer GmbH(本社:ドイツ)は、ベータ版の成功を経て、Windows、Mac、Linuxに対応したTeamViewer 9の一般提供開始を発表しました。TeamViewerの最新版は、デスクトップ、ノートPC、タブレット、スマートフォンを問わずユーザーが使用しているデバイスからインターネットを通じて遠隔地にあるコンピューターを起動することが出来る「Wake-on-LAN」を導入しています。また、TeamViewer 9に「待機案件」機能を導入し、ITサポートチームはチーム内でサポート案件を管理、共有、割り当てることで即時サポートが可能になります。ユーザーはセッションコードを使用することによって、IDやパスワードを要することなく簡単にリモートサポートセッションに参加することが出来るようになります。

世界中で2億人以上に利用されているTeamViewerは、簡単かつ安全にインターネットを介して遠隔地にあるコンピューターへアクセスできるリーディング・ソフトウェアです。最新リリース版では、コンピューターを常時起動しておく必要がなく、必要時にいつでもアクセスを実現するという待望の「Wake-on-LAN」機能を導入しています。この機能はルーター、あるいはローカルネットワーク内にある他のコンピューターを経由することで動作します。

TeamViewer 9は新たに以下を含む機能を導入しています。

・ 2段階認証-TeamViewerアカウントにログインするために必要な通常のログイン認証情報に加え、任意のオプション機能として、モバイル端末と標準ユーザー認証アプリを使用してセカンダリー・コードを読み込むTeamViewerユーザーアカウント、コンピューター&パートナー・リスト、TeamViewer Management Consoleをさらに高セキュリティ保護。

・ 簡単ファイル転送 -リモートセッションを開始することなく、TeamViewerに登録された連絡先との大容量ファイルの共有が可能。容量制限のあるEメールよりも実用的で、データ共有のための複雑なFTPサーバーのセットアップや管理も不要。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング