「夫婦の旅行に関する意識調査」 年を重ねる程、旅先でパートナーに惚れやすく冷めにくい!? ~ 50代は、旅先で異性との出会いも期待する“恋愛気質” !? ~

PR TIMES / 2012年11月16日 15時17分



世界最大のオンライン旅行会社、Expedia Inc.(本社:米ワシントン州)の日本語サイトエクスペディアジャパン(www.expedia.co.jp)では来週に迎える11月22日、“いい夫婦の日”に先駆け、夫婦仲と旅行の関連性を調査するため、30代、40代、50代の既婚者の男女391名を対象に各年代別にそれぞれの旅行に対する考え方を調べました。


【調査結果概要】

■旅行に行った際にパートナーに惚れ直す、または冷めることはありますか?

<既婚者の約4割は旅先でパートナーに惚れなおした・冷めた経験あり惚れやすく冷めにくい50代夫婦>

 旅行に行った際にパートナーに惚れなおした経験と冷めた経験がある、と回答した既婚者はそれぞれ約4割となりました。50代では、惚れ直すことがあると約45%が回答し最も多く、また冷める事があると回答したのは、最も少ない30.4%と いう結果となり、50代の夫婦は旅先でパートナーに惚れやすく冷めにくいと言えます。
特に、50代の女性では、53%の方が惚れ直すことがあり、50代の男性では、最も少ない18.3%の方のみ冷めることがあると回答し、長年連れ添ってきたパートナーへの愛情を垣間見ることができます。


◎旅行を通じて、絆が深まったと答えた既婚者は約8割 年に1回以上、旅行に行くと夫婦円満!

旅行を通じて、絆が深まったと回答した既婚者は全体を通して77%にまでのぼりました。また、年に1回以上旅行をしている既婚者の約7割は、夫婦仲がとても良いと回答。


◎10人に1人の既婚者が、旅先で異性との出会いを経験 年を重ねる程、出会いを期待する傾向あり

旅先で、素敵な異性との出会いを経験した事があると回答したのは、男女差はほとんどなくともに10%でした。
旅先での異性との出会いを期待していると最も多く答えたのは、50代の夫婦でした


◎年を重ねるごとに、一人旅願望は増える傾向に 50代既婚者で約7割

年齢を重ねていくごとに一人旅をしたいと考える既婚者は多くなる傾向にあり、50代では約7割が一人旅に行きたい
と考えているようです。


◎夫婦で行きたい国 1位はやはりハワイ 2位3位はヨーロッパとユーロ圏が上位に

夫婦で行きたい国として、約半数がハワイと回答し、ハワイの根強い人気を感じる結果となりました。
2位にはイタリア、3位にフランスがランクインするなど、近年のユーロ安をうけユーロ圏が上位を占めました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング