【カヌチャリゾート】イベント売上の一部を東日本大震災への義援金として日本赤十字社を通じて寄付

PR TIMES / 2013年3月11日 19時21分

カヌチャリゾートとして昨年度に続き二度目の取り組み

カヌチャリゾートでは、イベント売上金の一部を東日本大震災への支援金というかたちで日本赤十字社を通じて、寄付させていただきました。



2011年3月11日(金)に発生した東日本大地震により多くの尊い命が失われたことに深い哀悼の意を捧げますとともに、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

カヌチャリゾート(沖縄県名護市、代表取締役社長:白石武博)では、先月2013年2月14日(木)に終了した冬季恒例イルミネーションイベント『カヌチャリゾート スターダストファンタジア』において、106日間の開催期間中、ご来場いただきましたお客様からお預かりした施設入場券料金総額の一部を東日本大震災から復興地のより早い復興に向けて、支援金というかたちで日本赤十字社を通じて、寄付させていただきました。

こちらの支援活動は昨年度の同イベントから活動を開始し、今年度も継続しておこなってまいりました取り組みとなります。

被災地の一日も早い復興をお祈りし、弊社グループでは引き続きさらなる支援活動を行って参ります。

【寄付について】
1.日 時:2013年3月11日(月)
2.場 所:日本赤十字社 沖縄支部
3.参加者:日本赤十字社 沖縄支部 事務局長 比嘉 佑一郎 様
株式会社カヌチャベイリゾート 代表取締役社長 白石 武博
4.寄付額:726,400円

【日本赤十字社とは】
日本赤十字社とは「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」という7つの普遍的な原則(赤十字の基本原則)のもとに、世界の188カ国に広がり、世界最大のネットワークを持って活動する人道機関である赤十字・赤新月社の組織体のひとつ。
東日本大震災に対して行われている義援金は、手数料などを日本赤十字社が取ることは一切なく、全額が被災された方々のお手元に届けられます。

*********************************************
カヌチャリゾート(Kanucha Resort)について
*********************************************
沖縄本島北部・名護市の東海岸に位置し、豊かなやんばるの大自然に抱かれながら大浦湾を臨むカヌチャリゾートは、ステイするごとにその魅力が増す楽園リゾート。

約80万坪(東京ドーム60個分!)という広大な敷地に、9スタイルのホテル棟や本格的なゴルフコース、ビーチ、3種類のプール、エステ、様々なアクティビティとバラエティに富んだレストラン。
心に響くまばゆき情景とやすらぎのホスピタリティが、あなたの楽園の扉を開きます。

〒905-2263 沖縄県名護市安部156番地2(那覇空港から車で約1時間半)
TEL:0980-55-8880(代表)
FAX:0980-55-8693
予約専用ダイヤル TEL:098-869-5500
URL: http://www.kanucha.jp/
facebookページ: https://www.facebook.com/KanuchaResort
****************************************
このリリースに関するお問合せ
****************************************
株式会社ホット沖縄 企画広報チーム
TEL:098-869-5575 FAX:098-861-0646

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング