2015年の規格改訂対応担当者向けにリスク対応を解説! セミナー「ISO 31000によるリスクマネジメントの実践技法」 9/17(水)開催

PR TIMES / 2014年8月26日 12時10分

 ペリージョンソン ホールディング 株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:瀬戸裕子、以下:PJHD)でビジネスコンサルティング事業を担う ペリージョンソン コンサルティング(以下:PJC、http://www.pjcinc.jp)は、規格改訂担当者向けにリスクマネジメント対応を解説するセミナー「ISO 31000によるリスクマネジメントの実践技法」(http://www.pjcinc.jp/iso_training/gms.php#1D0)を9月17日に開催します。



 現在、ISO 9001(品質)、ISO 14001(環境)という2つのマネジメントシステムの国際規格について、2015年の改訂を目指した作業が進められています。2015年の改訂版においては、どちらの規格も「リスクに基づく考え方」が重要なポイントとなります。リスクマネジメントの国際規格ISO 31000は、改訂発行されたISO/IEC 27001:2013(情報セキュリティ)においても整合性を図ることが求められており、規格改訂に対応するうえで効果的に活用できると考えられます。

 PJCは、規格改訂を控えたこの時期に、規格改訂に係るリスクマネジメント対応のポイントの理解を深め、組織のリスク管理を強化したい改訂対応の担当者に向けて、ISO 31000によるリスクマネジメントの基本的な考え方、リスクマネジメントプロセス、リスクアセスメント手法などについて解説するセミナー「ISO 31000によるリスマネジメントの実践技法」を開催します。

【開催概要】 ISO 31000によるリスクマネジメントの実践技法
対象:
 ISO 9001、ISO 14001、ISO/IEC 27001などの規格改訂対応を担う管理責任者/事務局担当者
内容:
 1. 「リスクに基づく考え方」とは
 2. リスクマネジメントの必要性
 3. ISO 31000の全体像
 4. リスクマネジメントの枠組み
 5. ISO 31000:2009規格概要とポイント解説
 6. リスクアセスメント手法の解説
 7. マネジメントシステム規格改訂とISO 31000
 8. 質疑応答
日時:2014年9月17日(水) 9:30~16:30
会場:弊社セミナールーム (東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー9F)
受講料:35,000円+税(テキスト、昼食代含む)
お申込み:
 Webサイトより、お申し込みください。
 http://www.pjcinc.jp/iso_training/gms.php#1D0

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング