インフィニトは、ブロックチェーン企業および開発者向けに仮想通貨即時交換モジュールAPIを提供

PR TIMES / 2019年9月9日 19時40分



[画像: https://prtimes.jp/i/38339/36/resize/d38339-36-262232-0.png ]


 インフィニトはブロックチェーン開発ツールのインフィニト・ブロックチェーン・プラットフォーム(IBP)で「インフィニト両替モジュールAPI」を提供する、と発表した。この革新的なAPIは、150以上のコインとトークンをアプリ内で両替できるようにしてアプリケーションを強化する。両替では、Changelly(チェンジリー)、Kyber Network(カイバーネットワーク)、Totle(トータル)の中から最良の交換レートを利用できる。
インフィニト両替モジュールAPIは、IBPの無料の開発ツールとして利用できる:

https://platform.infinito.io/marketplace/api-sdk/exchange-api

 今年1月に初めてリリースされたIBPは、信頼性の高いさまざまな開発ツールとAPIを組み合わせたフルスタック開発プラットフォームで、インフィニトがこれまでに構築してきたモジュールとソリューションに加えて、世界中の提携企業のテクノロジーが集約されている。現在、このプラットフォームは、マルチブロックチェーン接続、ホワイトラベル、両替、支払い、コンプライアンスなど、需要の高いユーティリティをカバーする20個のブロックチェーンモジュールを備えるが、今後さらにスマートコントラクトのサンプルやDAppテンプレートなど、IBPのカタログにさらに多くの開発ツールを組み込み、ブロックチェーン開発をさらに簡素化することを目指している。

 今年8月30日、インフィニトは公式トークンであるINFTをリリースした。そのトークンをステークすると、大幅なディスカウントやIBPモジュールへの無料アクセスなど、さまざまなメリットが得られる。INFTは現在、大手グローバル取引所のBitMaxで取引ペアINFT/BTCおよびINFT/ USDTで取引できる。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング