1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

みんな電力オフィスでライブ!被災地支援を続けるSUGI-LOWがセッション

PR TIMES / 2021年3月16日 9時45分

震災から10年 日本版Tiny Desk Concertsを実現

電気の生産者や空気の「顔の見える化」など、みんなの力で社会をアップデートする、みんな電力株式会社(所在地:東京都世田谷区 代表取締役:大石英司)は、東日本大震災から10年を迎えるにあたり、被災地支援を続ける「LUNA SEA」「X JAPAN」のギタリスト・バイオリニストSUGIZOさんと、「BRAHMAN」「OAU」のボーカル TOSHI-LOWさんのライブをオフィスで収録し、3月15日、公式YouTubeチャンネルで無料配信しました。




みんな電力公式YouTubeチャンネル https://youtu.be/WOp5YyzEKbU
[画像1: https://prtimes.jp/i/50516/36/resize/d50516-36-259252-0.jpg ]

(左上)「LUNA SEA」「X JAPAN」のSUGIZOさん、(右上)「BRAHMAN」「OAU」のTOSHI-LOWさん


1. コロナ禍からの「カルチャーリカバリー」を!「LIVE from the Office」概要
当社はコロナ禍で活動が制限されたアーティストや音楽関係者らをサポートするため、今年1月、オフィスにご縁のあるアーティストをお招きし、ライブパフォーマンスを発信する「LIVE from the Office」を開始しました。これはアメリカのラジオ放送局オフィスでアーティストがライブを行う「Tiny Desk Concerts」の日本版で、作家でクリエイターのいとうせいこうさんも発起人として参画しています。
「LIVE from the Office」の運営に必要な一部の電力は、災害時非常用電源としても活躍する蓄電池を活用。太陽光発電によって充電した再エネでまかなっています。

1月26日に配信した初回では、シアターブルックの佐藤タイジさんと、打楽器奏者ASA-CHANGさんのセッションをお届けしています。佐藤タイジさんは東日本大震災時の東京電力福島第一原発事故をきっかけに、太陽光発電の電力で運営する「THE SOLAR BUDOKAN」を主宰しています。

「LIVE from the Office」 佐藤タイジ×ASA-CHANG
https://www.youtube.com/watch?v=S5ZL933dLwY&t=7s
[画像2: https://prtimes.jp/i/50516/36/resize/d50516-36-699335-1.jpg ]

(左から)ASA-CHANGさん、佐藤タイジさん


2. 震災から10年、SUGIZOとTOSHI-LOWの未来を思うセッションを無料配信
東日本大震災から10年を迎えるに際し、エネルギー問題に取り組むSUGIZOさんと、震災以降、被災地支援を行っているTOSHI-LOWさんをお招きし、「LIVE from the Office」を開催しました。
当社オフィスの和室スペースで、2人は全3曲を披露。MCでは震災から10年を迎えての思い、これからに向けて必要なアクションを語りました。セッションは3本にわけて無料配信を予定しており、3月15日、当社公式YouTubeチェンネルにてVol.1の動画を公開。Vol.2、Vol.3も順次公開予定です。

<「LIVE from the Office」 SUGIZO×TOSHI-LOW Vol.1配信内容>
・オープニングトーク  
・「鼎の問」

みんな電力公式YouTubeチャンネル
https://youtu.be/WOp5YyzEKbU
[画像3: https://prtimes.jp/i/50516/36/resize/d50516-36-602185-4.jpg ]


3.今後の展開
新型コロナウイルスの感染拡大により、当社のお客さまでもある音楽業界の方々をはじめ、日本のエンターテイメントが多大な影響を受けています。当社はコロナ禍からの経済復興だけではなく、「私たちを元気づけてくれる文化の力の復興も必要だ」という思いとともに、文化活動だからこそ実現できる「カルチャーリカバリー」、そして自然災害の被災地支援のあり方をこれからも検討していきます。


4.みんな電力について
大手印刷会社で新規事業を担当していた大石英司が、再生可能エネルギー事業会社として2011年に設立。2016 年に発電者と生活者をつなぐ電力小売りサービス「顔の見える電力™️」を始めるなど、「納得感を持って選択する」という体験の提供にこだわり、2020年には清潔な空気環境の選択につながる空気環境改善事業「みんなエアー」を開始。今後もソーシャル・アップデート・カンパニーとして、独自のブロックチェーン技術を基盤とした「顔の見えるライフスタイル」の実現を目指す。

◇電力事業における3つの特徴
(1)再生可能エネルギー利用率NO.1※1
当社の再生可能エネルギー利用率は68.67%。低圧電灯を年間300MWh以上供給する小売電気事業者153社のうちNO.1の高さです。
※1…東京都公表「東京都エネルギー環境計画書制度 対象電気事業者一覧表」、経済産業省資源エネルギー庁公表「3-(1)電力需要実績(2018年度)」を基に自社調査

(2)電気の生産者と購入者をつなぐ電力小売サービス「顔の見える電力™」
現在150カ所以上の再エネ発電所と契約し、発電者の顔やストーリーを当社HPなどで積極的に開示しています。法人向けにはブロックチェーン技術を活用したP2P電力トラッキングシステムで、発電源を特定した再エネ電力の供給も行っています。

(3)納得してお支払いいただくための電気料金透明化
毎月の電気料金の内訳を1円単位で契約者にお知らせし、支払う電気料金が再生可能エネルギーの発展につながっていることを実感していただくサービス「超明細」を提供しています。


5.本件の問い合わせ先
広報担当 中村(080-7142-5287)佐藤(080-7142-5295)
代表TEL:03-6805-2228(受付時間 平日11:00 – 15:00)
MAIL:pr@minden.co.jp
[画像4: https://prtimes.jp/i/50516/36/resize/d50516-36-649954-5.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング