1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【元タイ富士ゼロックス副社長に学ぶ】タイ人とのコミュニケーションやマネジメントで日本企業が注意すべきポイント《セミナーアーカイブ配信開始》

PR TIMES / 2021年12月1日 12時45分

タイ人とのコミュニケーション方法、タイ人特有のマネジメント方法、異文化理解と容認力など、タイでのビジネスの注意点について、知識や教養だけではない現地で役立つ実践的なノウハウを伝授します。

グローバル人材育成・研修業を手掛けるインサイトアカデミー株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役:北村 嘉章)はご好評いただいたセミナーのアーカイブ配信をスタートしました! お申し込み: https://client.insighta.co.jp/archives/seminar/20201210



[画像1: https://prtimes.jp/i/77877/36/resize/d77877-36-a1fd061b41e8684e9c34-0.jpg ]


この度、インサイトアカデミーの講座/開催セミナーの中で、受講者から常に高評価をいただいている山下講師の「国別駐在員研修 タイ編 トライアルセミナー」のアーカイブ配信を開始致しました。


セミナーアーカイブ概要


グローバル人材育成プログラムとして非常に需要の高い国別駐在員研修シリーズ。

今回はインサイトアカデミーが提供する多数の駐在員研修プログラムの内、特に評判が高いタイの駐在員研修をプログラムの一例として、トライアルセミナーのアーカイブ配信を致します。

タイ人とのコミュニケーション方法、タイ人特有のマネジメント方法、異文化理解と容認力などについて、知識や教養だけではない現地で役立つ実践的なノウハウを伝授します。

海外駐在員/駐在員候補の育成に課題を持つ人事部・海外事業部の方にご覧頂き、貴社のグローバル人材育成研修としてINSIGHT ACADEMYをご検討の一助として頂くとともに、タイに駐在中・駐在予定の方にすぐに役立つ講座としてご覧頂ければと思います。


プログラム

◎ 山下雅史氏による講演「国別駐在前研修(タイ編)トライアルセミナー」
1.なぜ駐在前研修が必要なのか
2.タイ人スタッフとのコミュニケーション
3.タイ異文化理解と容認力
4.郷に入っては郷に従え タイのマナーとタブー
5.タイ特有のマネジメント手法
6.タイ人が尊敬する駐在員像 タイ人スタッフへのヒヤリングより

◎ 山下雅史氏×北村嘉章、パネルディスカッション
「駐在員を送り出す会社のマインドとその人事体制」

◎ 質疑応答

※お申し込みに際する注意点はお申し込みページにてご確認ください


講師プロフィール
山下 雅史(ヤマシタ マサシ)氏
元 タイ富士ゼロックス副社長
現 日タイ・ロングステイ&ビジネス・ネットワーク代表

1974年富士ゼロックス株式会社入社。名古屋支店長、本社商品推進部長などを歴任。
2003~2005年、富士ゼロックス株式会社のタイ国現地法人の代表取締役副社長を経験、2007年に「日タイ・ロングステイ・ネットワーク」を設立し代表に就任。タイ国政府観光庁からの後援を頂き、タイ国での日本人シニアのロングステイの啓蒙と普及の為の活動を開始。「週刊文春」「日経新聞」「日経ビジネスのHPセカンドステージ」等でその活動を取り上げられる。

受講者の声

◆実体験を踏まえた各方面からの考察が多く、大変参考になった。人材活用の観点からもいくつかの示唆を得た。多くの企業が同様に課題を感じていることを理解し、自社においても改めて積極的な環境整備の重要性を感じた。

◆期待以上であった。駐在経験が無い社員にとっては非常に分かりやすく、タイ事情やご自身の経験談等を聞くことができ、とても貴重なセミナーであった。また、タイ人が尊敬する駐在員のイメージについて、経営層とマネージャー層に分けてご説明頂いた箇所は大変興味深かった。

◆タイの駐在業務における多くのご経験に基づいた具体的かつ示唆に富むご講演であり、大変勉強になった。特に宗教に対する捉え方や、国家観や忠誠心など現在の日本ではあまり重要視されないように感じられる部分への尊重や配慮が、海外における活動には重要という点について大変共感ができ、興味深く拝聴した。

◆海外事業全般の人材の課題と、事業所の経営の課題についての山下講師のセミナーの分かりやすさ+インサイトアカデミーの知見には、非常に感銘を受けた。パネルディスカッション内でのお二人の意見は、私自身が持っている問題意識に見事にヒットしており、またそれに対して肉付けをして頂いたため得心した。


お申込み
https://client.insighta.co.jp/archives/seminar/20201210


国別駐在員研修シリーズとは


国別駐在員研修シリーズ: https://insighta.jp/contents/category/course_of_working_abroad

[画像2: https://prtimes.jp/i/77877/36/resize/d77877-36-64f9d7b39d93b913e455-1.jpg ]

対象国でビジネスを営んでいくには、対象国の商習慣や現地スタッフの価値観・文化・生活・宗教など、ビジネスに関連する必要な基本情報を理解しておかないといけません。

また駐在員は「現地で事業を成功させる」という重要な役割を与えられています。言い換えると日本本社の事業方針を駐在国の状況に合わせて落とし込み、現地と協働して事業を推進・管理していくことが求められていると言えます。
その中でカギを握るのが、「いかに現地スタッフと信頼関係を築いていくか」ということです。

INSIGHT ACADEMYの国別駐在員研修シリーズは、対象国でのビジネス経験が豊富なプロフェッショナルを講師に迎え、海外駐在予定者・駐在間もない方、また国内海外事業従事者を対象に、現地スタッフと信頼関係を築いて成果を出す、というテーマでデザインされた講座です。

スムーズな駐在生活をスタートさせたいとお考えの方、既に海外駐在中で現地スタッフとの信頼関係構築に課題を感じている方に是非ご視聴頂きたい講座です。



INSIGHT ACADEMYとは


[画像3: https://prtimes.jp/i/77877/36/resize/d77877-36-e693e5c21400328c84c5-3.jpg ]

「海外で収益を生み出す人材」を育てるべく、体系的に設計された日本初(自社調べ)のグローバル人材育成特化型eラーニングサービスです。海外駐在予定者・駐在員・海外事業に携わる方や将来的に関わる可能性のある方まで学べる多様な育成プログラムをご用意しております。

国別駐在員研修講座、海外コンプライアンスシリーズ、グローバルマインド醸成講座、海外事業専門家の実体験ケーススタディ講座等を含めて、110コース以上の講座を揃えているため、各社様の育成ニーズに沿ったプログラムを設計・活用することが出来ます。

導入の流れ:
STEP 01. お問い合わせ
STEP 02. 育成プログラム設計
STEP 03. 無料トライアル*
STEP 04. 導入支援・契約

*無料トライアル実施中!
海外駐在員/駐在員候補の育成に課題を持つ人事部・海外事業部の方に無料トライアルでお試し頂き、貴社のグローバル人材育成研修としてINSIGHT ACADEMYをご検討頂ければと思います。
[画像4: https://prtimes.jp/i/77877/36/resize/d77877-36-6dfe7f8fec84803309f7-2.jpg ]




会社概要



インサイトアカデミー株式会社

本社:〒106-0032 東京都港区六本木 7-8-6 AXALL ROPPONGI 7階
代表取締役  北村 嘉章
アカデミー長 金 珍燮
取締役CFO  塚崎 義直
顧問     金澤 尚武
顧問     小西 謙作
顧問  藤田 孝

設立:2019年12月1日
資本金:9500万円
Tel:03-3478-2060
会社サイトURL: https://client.insighta.co.jp/

Facebook: https://www.facebook.com/InsightAofficial
LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/insightacademy/mycompany/

事業内容:グローバル人材育成・研修業
- グローバル人材育成eラーニングサービス「INSIGHT ACADEMY」の運営
https://insighta.jp/
- ナショナルスタッフ研修の運営
https://client.insighta.co.jp/option/nationalstaff
- 動画講座制作サービス
https://client.insighta.co.jp/option/production


[画像5: https://prtimes.jp/i/77877/36/resize/d77877-36-20973a6942084f16f158-4.jpg ]



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください