働く女性の「肌と美白」に関する意識調査

PR TIMES / 2013年3月7日 18時36分

色白肌のイメージは「肌がきれい、清楚、上品」。理想の肌になれば、今より4割増しでモテるはず!? 働く女性の肌の悩みは多岐に渡り、約7割が通年のお手入れで美白ケア

長瀬産業株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:長瀬 洋)の100%子会社である、株式会社
ナガセ ビューティケァ(東京都中央区日本橋小舟町5-1/代表取締役社長:平井孝明)では、このたび、全国の20歳代~50歳代の働く女性を対象とした‘働く女性の「肌と美白」に関する意識調査’と題したアンケート調査を実施いたしました。(調査期間:2013年1月25日~27日、有効回答数500人)ここに調査結果がまとまりましたのでご報告いたします。




【トピックス】

■肌悩みは、20代と30代は「毛穴」 、40代と50代は「ほうれい線」が最多。
「しみ」の悩みは50代で最も高く、20代の約2.6倍に。

■30代から50代までの理想肌は、「ハリ・弾力」が最多。
 「透明感」はあきらめた・・?20代で最も高く、年代があがるにつれ減少。

■美白ケアにかける費用は平均で年間約4万円。費やす金額平均は50代が最高で、約5万3000円。
 「美容液」「美容クリーム」には約2割が「さらに効果が得られるならもっとお金をかけてもいい」。

■“夏”だけじゃない!今や女性の7割が「通年美白ケア」を行っている結果に。
 20代は「しみ予防」、50代は「しみ解消」!美白ケアの開始年齢ときっかけ、世代で大きな差。

■色白のイメージは、“肌がきれい”“清楚”“上品”“清潔”。

■理想の肌になった場合にアップすると思う「モテ度」率は、平均で44%!

■最も“色白美人”だと思う有名人は、「小雪」、「綾瀬はるか」。

*********************************************

【働く女性の「肌と美白」に関する意識調査の目的】

90年代まで続いた日焼け肌ブーム後、紫外線が肌にもたらす影響が女性たちに深く浸透するようになり、次第に白い肌をめざす女性が多くなりました。今や美白に関するたくさんの情報が飛び交い、美白をうたう商品が市場に溢れかえる中、女性たちがどのような美白意識を持ち、どの程度ケアに取り組んでいるかを探るべく、ナガセ ビューティケァでは働く女性を対象に「肌と美白」に関する調査を実施しました。
調査結果から、女性たちにとって白い肌は美の象徴の一つであり、美白ケアは日常の一つとして行われていることがわかりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング