TVCM「社名変更のお知らせ篇」のご紹介

PR TIMES / 2013年4月12日 15時38分

~4月13日よりオンエア開始~

「世界No.1*の保険ブランド」アクサグループのインターネット専業生命保険会社であるネクスティア生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:斎藤英明、URL:http://www.nextialife.co.jp/、以下「ネクスティア生命」)は、4月13日(土)よりTVCM「社名変更のお知らせ篇」のオンエアを開始いたします。
*インターブランド社「BEST GLOBAL BRANDS 2012」より



■TVCMのコンセプト
ネクスティア生命は、2013年5月14日に社名を「アクサダイレクト生命保険株式会社」(以下「アクサダイレクト生命」)へ変更いたします。
この度オンエアする「社名変更のお知らせ篇」では、アクサダイレクト生命という新しいブランドで再スタートを切るにあたり、改めてご提供をお約束する「お客さまに真にご満足いただける価値」をお伝えします。ルービックキューブを解いていく映像を用い絵合わせをする中で、「必要な時にいつでもどこでも」「いろんなデバイスで」「身近に寄り添って」保険商品の検討・申込みができるという、当社がご提供する価値を表したシーン絵柄を作り上げていく内容となっています。

■TVCM概要

1.タイトル:「社名変更のお知らせ篇」(15秒/30秒)

2.放映日:4月13日 (土)より

3.出演者:佐島優(ルービックキューブ3×3 日本ランキング3位 (2013年4月1日現在)。ルービックキューブの絵合わせを行う手の動きで出演)

4.ストーリー:“ネット生保に欲しかったもの。それは、いつでもどこでも身近に感じられるダイレクトな対応でした。”とナレーションが入り、社名変更を機に改めてお客さまにお約束する、保険の検討場面におけるスピーディでマルチなアクセスポイントを描いています。夫婦がノートパソコンを一緒に見ながら保険を検討するシーン、男性が電話で問い合わせをしながらタブレット端末で検討するシーン、女性が公園のベンチに座りスマートフォンで検討するシーンと、それぞれのシチュエーションに合わせ、必要なときにいつでもダイレクトに保険を検討できるシーンが、ルービックキューブの絵合わせをする中で次々と展開されていきます。

5.TVCM掲載先:ネクスティア生命ホームページCMギャラリー(http://www.nextialife.co.jp/corporate/ad/cm/

※ルービックキューブの絵合わせシーンに用いた、ルービックキューブ3×3 日本ランキング3位(2013年4月1日現在)の佐島優さんの映像もメイキング映像として公開しています。


■お客さまのお問い合わせ先
カスタマーサービスセンター 0120-953-831
月~金 9:00~22:00 土・日・祝日 9:00~18:00 (年末年始の当社休業日を除く)


ネクスティア生命について
ネクスティア生命は2008年4月7日に日本初のインターネット専業生命保険会社として誕生した、AXAのメンバーカンパニーです。インターネット技術を活用した効率的な運営(少人数、ペーパーレス、営業用の店舗を持たないことなど)により、お求めやすい保険料で生命保険をご提供しています。2013年5月14日に「アクサダイレクト生命保険株式会社」へと社名を変更いたします。 ※社名変更についての詳細はhttp://www.nextialife.co.jp/corporate/pdf/130201_a.pdfをご参照ください。

AXAグループについて
AXAは世界57ヶ国で16万3000人の従業員を擁し、1億200万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2012年度通期の売上は901億ユーロ、アンダーライング・アーニングス(基本利益)は43億ユーロ、2012年12月31日時点における運用資産総額は1兆1,160億ユーロにのぼります。AXAはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、AXAの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。詳細はwww.axa.comをご参照ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング