介護福祉業界の就職成功の秘訣とは?

PR TIMES / 2013年2月13日 15時52分

-就職活動で受験すべき法人数は2社以上が88%-

 株式会社エス・エム・エス(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:諸藤周平、以下「当社」)が運営する介護新卒向け就職情報サービス「ケアガク」(http://www.caregaku.com/ )では、当社が運営する介護福祉職向け求人・転職サービス「カイゴジョブ」の会員を対象に、介護福祉業界への就職を目指す若者へのアドバイスとして、自身の就職活動に関するアンケートを行いました。
 その結果、全体の5割が介護福祉業界で就職をした際に受験した法人数は1社であると回答し、全体の9割が介護福祉業界を目指す学生に対して「2~6社の受験」を勧めるという結果となりました。




■5割以上が1社しか受験していない!受験法人数は少ない傾向

 全体の52%は就職活動の際に1社の法人しか受験していません。介護福祉系の学生等は実習や国家試験の受験勉強等で多忙なこともあり、受験法人数は少なってしまう傾向がうかがえます。そのため勤務地やサービスの種別等から1社を選び受験し、そのまま入職するという就活スタイルが一般的となっているようです。


■最低2社以上を受験すべきと考えている方が大多数!全体の9割が新卒学生に対して「2~6社の受験」を勧める!

 就職活動で本来受験すべきと思う法人数は2~3社が57%で最多、次いで4~6社が31%という結果となり、あわせて88%が2~6社の受験を勧めています。また、新卒で介護福祉業界に就職をした国家資格保有者の会員のみを抜粋して集計したところ、100%が2社以上の受験を勧めており、そのうち4%は10社以上の受験を勧めています。


■介護福祉業界での最初の職場選びのポイントは「教育研修制度」と「人間関係」、次いで「給与」「サービス品質」「労働条件」

 給与の高さや労働条件等よりも、1社目は「教育研修制度」がしっかりしているところを勧める方が多いという結果となりました。また、「人間関係」が多い理由としては、働きやすさだけでなく、技術や経験を積むために組織として互いをサポートしあう風土を重視する方が多いためと考えられます。

 また、本意識調査の自由記述欄では全体の20%以上の方が単に教育制度の内容をヒアリングするだけではなく、現場見学やボランティア等で現場を確認し、具体的にどのように仕事を教えているのかを確認することを勧めています。さらに15%の方が面接や施設見学の際に、職員同士がどのようにコミュニケーションをしているかを確認することを勧めています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング