第1回「イオン アジア・エコリーダーズ」をインドネシアで開催

PR TIMES / 2013年8月13日 9時33分

アジアの高校生・大学生が環境問題について提言

グループの主要企業各社で構成されるイオン1%クラブは、アジア各国の高校生と大学生が環境問題について考える「イオン アジア・エコリーダーズ」を実施します。第1回となる本年は、インドネシア共和国において8月に高校生コース、11月に大学生コースを開催します。



「イオン アジア・エコリーダーズ」の特徴
◆実際に起きている問題について考える
開催国の社会事情をふまえ、具体的なテーマのもと環境問題について学習し、話し合います。実際に起きている問題について考えることで環境問題を身近なことと捉え参加者の自主的な行動へとつなげることを期待しています。

◆共通テーマを高校生、大学生がそれぞれ考える
高校生、大学生それぞれの考察力やコミュニケーションスキルに合わせ、共通テーマについてディスカッションを行ってもらいます。高校生コースでは、テーマとなっている問題をより多くの人に知ってもらうための啓蒙の方法を、大学生コースでは、問題解決のための具体的な方法をディスカッションします。

◆環境問題を抱える国の若者が交流し協同の和を広げる
経済発展に伴い環境問題を抱える国の若者同士が交流することで、価値観の違いを理解し、問題解決のために協力し合う関係を構築してもらいます。


本年は、中国、インドネシア、日本、マレーシア、タイ、ベトナムの6カ国の学生が、「ごみ問題」についてインドネシアのごみ事情を学習しながら、ディスカッションを行います。そして、各コースで取りまとめた考えは、ジャカルタ政府に提言をする予定です。

イオンは、「夢のある未来」の実現のため、これからも国際交流を通じた環境分野の人材育成に取り組んでまいります。


【「イオン アジア・エコリーダーズ」高校生コース】
1.期間:
 8月19日(月)~27日(火)

2.場所:
 インドネシア共和国(ジャカルタ、ジョグジャカルタ、バリ)

3.参加者:
 インドネシア、日本の高校生 各20人
 中国、マレーシア、タイ、ベトナムの高校生 各10人
 合計6カ国80人

4.日程:
 19日(月) オリエンテーション、ウェルカムレセプション
 20日(火)~22日(木) インドネシア視察(ゴミ処理場、ポロブドゥール遺跡等)、講義
 23日(金) ディスカッション
 24日(土) ディスカッション成果発表、表彰式
 25日(日) 植樹
 26日(月) フェアウェルパーティー
 27日(火) 帰国

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング