エミレーツ航空、顧客へ50億ディルハム(14億米ドル)を返金

PR TIMES / 2020年9月10日 13時15分

エミレーツ航空はこれまでにお客様から申請をいただいた返金業務の9割を完了しました旅行代理店などが返金処理を加速できるように支援



[画像: https://prtimes.jp/i/52636/37/resize/d52636-37-978375-0.jpg ]

エミレーツ航空は、これまでに50億ディルハム、日本円にして約1,490億円以上の新型コロナウイルス感染症関連の旅行代金を返金しており、保留中の返金業務を完了させるというお客様への約束を着実に進めていることを明らかにしました。


3月以降、6月末までに世界中のお客様から申請のあったものも含め、これまでに全体の9割に当たる140万件以上の返金を完了しています。


パンデミックが発生して以来、エミレーツ航空では業務の処理能力を強化するために追加のリソースを投入してきました。。また、エミレーツは旅行代理店を通じてエミレーツ航空のフライトを予約したお客様への払い戻しを容易にするために、業界のパートナーとも協力体制を敷いています。


エミレーツ航空社長のティム・クラーク卿は次のように述べています。「審査や処理に普段よりも時間がかかるため、払い戻しが長らく保留となっていることがお客様にとって大きな負担であることを我々は認識しています。このコロナ渦において申請された払い戻しの数は、かつて経験したことのない膨大な数ですが、我々はお客様の意向に真摯に対応すべく、最大限の努力をしています。ほとんどの場合、審査や処理はスムーズに進みますが、なかにはカスタマーサービスのスタッフがひとつずつ詳細を確認しながら、普段よりも長くお待たせするというケースもあります。長らくお待たせしているお客様には、ご理解とご協力にこの場を借りて改めてお礼を申し上げます。」


世界で旅行が少しずつ再開するなか、エミレーツ航空は世界各地で旅客業務を徐々に再開し、常にお客様に安全でスムーズな旅行を提供できるよう努めています。


エミレーツ航空は業界をリードする一連の取り組みを導入し、お客様に安心してご旅行をしていただけるよう、旅のあらゆる段階での衛生面の対策、無料の医療費の負担、柔軟な予約条件などを提供しています。


エミレーツ航空は現在80以上の都市への就航を再開しています。ドバイは国際的なビジネスや旅行者の受け入れを再開しており、ドバイだけでなく、ドバイ経由でさらに以遠への渡航もできるようになりました。旅行者と都市の安全を確保するため、ドバイ(およびUAE)に到着するすべての渡航者(乗り継ぎ便の乗客、UAE市民、居住者、観光客を含む)は、出身国に関係なくご出発前96時間以内に新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受診しその陰性証明書を携帯することが義務付けられています。


観光地、ドバイ
太陽の光が降り注ぐビーチ、伝統的なアクティビティから、ワールドクラスのホスピタリティとレジャー施設まで、ドバイは世界的に最も人気のあるデスティネーションの一つです。2019年には1,670万人の訪問者を迎え、数百を超えるグローバルな会議や展示会、スポーツやエンターテイメントのイベントが開催されました。ドバイは、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)から、お客様の健康と安全を確保するためにドバイが行っている効果的な対策が評価され、「Safe Travels (安全な観光地)」として認定を受けた都市の1つです。


柔軟な保証について
エミレーツ航空の予約ポリシーは、お客様に柔軟に安心してご旅行を計画していただくためのものです。2020年9月30日までにエミレーツ航空の航空券を2020年11月30日までに使用予定でご購入されたお客様は、新型コロナウイルス感染症に関連した予期せぬフライトや旅行制限のために旅行計画を変更しなければならない場合や、フレックスまたはフレックスプラス運賃を予約された場合に、柔軟な再予約条件とオプションをご利用いただけます。詳細は次のサイトでご確認ください。 https://www.emirates.com/jp/japanese/help/keep-your-ticket/


新型コロナウイルス感染症に万が一感染した際には関連費用を無料でグローバルにカバー
エミレーツ航空は、ご旅行中に新型コロナウイルス感染症と診断された場合、新型コロナウイルス感染症関連の医療費を無料で補償することをお約束しておりますので、お客様には安心してご旅行いただけます。この補償は、2020年10月31日(乗継便・乗換便をご利用の場合は、2020年10月31日までに最初のフライトをご利用いただいたお客さまが対象となります。)までにエミレーツ航空をご利用のお客様に即時有効で、ご旅程の最初の区間をご利用になった時点から31日間有効です。つまり、エミレーツ航空のお客様は、エミレーツ航空の目的地に到着した後に別の都市に移動した場合でも、その期間内であればこの補償を受け続けることが可能です。詳細については、次のサイトでご確認ください。 https://www.emirates.com/jp/japanese/help/covid19-cover/


健康と安全を第一に
エミレーツ航空では、地上および機内でのお客様と従業員の安全を確保するため、お客様のご旅行の各段階で包括的な対策を実施しており、マスク、手袋、手指消毒剤、抗菌ウェットティッシュを含む無料旅行衛生キットをすべてのお客様に無料で配布しています。一連の対策や各フライトで提供しているサービスの詳細については、  https://www.emirates.com/jp/japanese/help/your-safety/? をご覧ください。

エミレーツ航空について
エミレーツ航空は2002年に日本初就航。日本路線はトリプルデイリーで運航しており、成田国際空港、関西国際空港からはエアバスA380、羽田空港からはボーイング777にてドバイまで運航。現在、日本路線は一部一時的に運休しています。ドバイからは83の国と地域、157都市に快適な空の旅をお届けしています。成田国際空港にはエミレーツ専用のラウンジがございます。羽田空港発着のプレミアムクラスご利用のお客さまには無料の送迎サービスを提供しています。エミレーツ航空はワールド・トラベル・アワード2019を獲得し、中東部門のリーディング・エアライン、エアライン・ブランド、エアライン・リワード・プログラム、エアライン・ウエブサイトの4部門で賞を獲得しました。

お問い合わせ先
エミレーツグループ 広報
REDHILL株式会社 青木
Email: ekjapan@redhill.asia

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング