1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

東京都日野市 イオンモール多摩平の森「SDGsスタンプラリーwithひのミラ × イオンモール」に参加しました!

PR TIMES / 2021年10月21日 12時10分

SDGs週間の9/25(土)・9/26(日)に開催。

セイハネットワーク株式会社(以下、セイハネットワーク)は、SDGs週間の9/25(土)・9/26(日)に東京都日野市にあるイオンモール多摩平の森で開催された「SDGsスタンプラリーwithひのミラ×イオンモール」に同施設内の取組み企業テナントとしてスタンプラリーに参加しました。
このスタンプラリーには、同施設内にある「SDGs取り組み企業」の専門店に「スタンプ」と「SDGs取組みパネル」を設置し、スタンプがすべて揃ったら景品と引き換えられ、各専門店に立ち止まった時にSDGsについて学ぶことができる、というイベントを実施しました。景品引き換え所では、日野市「こんな身近にあるんだ みんなのSDGs展」ということで、ひのミラをはじめ日野市のSDGsの取組みや事業をわかりやすい展示で紹介しました。
https://tamadairanomori-aeonmall.com/files/pdf/95/pdf.pdf





[画像1: https://prtimes.jp/i/60995/37/resize/d60995-37-80e6de30e3644f2eeca6-8.jpg ]

セイハネットワークは、同施設にて「セイハ英語学院」「そろばん教室88くん」「パパイヤ式セイハダンスアカデミー」の3教室を運営しており、これら3教室の生徒様と一緒にSDGsの取組みとして、教室の生徒より読まなくなった絵本の寄付を募り、集まった絵本をフィリピン セブ島の子どもたちへ届け、読み聞かせを実施いた活動をパネルにて紹介させていただき、SDGsに掲げられている17の目標の中で「4.質の高い教育をみんなに」のスタンプを設置しました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/60995/37/resize/d60995-37-b27bf7868ce915f787b2-7.jpg ]

普段何気なく訪れているお店にも実は、この世界をより良くするための取組みや商品があるということを知ってもらうきっかけになりました。
セイハネットワークでは今後も「持続可能な開発目標」の実現に向かって、パートナーシップで企業・団体・地域と一緒に教育を通して取り組んでいきます。


【日野市】
2019年7月1日に東京都内では初の「SDGs未来都市」に選定されました。持続可能な、次世代に引き継ぎたい地域づくりを進めています。

【ひのミラ】
「持続可能な日野の未来を創る高校生チーム」の略。SDGsを軸に高校生視点で必要な取り組みを考え、チャレンジする有志チーム。

【イオンモール多摩平の森】
イオンモール多摩平の森では、「行くほどに日々のくらしがもっと素敵になる。多摩平に暮らす楽しみが豊かになる。」をテーマに、自然豊かな日野市の明るい未来に向けて、より暮らしやすく、より快適な街づくりを目指し、持続可能な開発目標(SDGs)に積極的に取り組んでいます。

【セイハネットワークはこちらから】 https://www.seiha.com/company/
【フリーダイヤルはこちらから】0120-815-718

【セイハネットワークとは】
1985年(昭和60年)創業、福岡市博多区に本社を置き、英語教室運営を中心に展開。主に大手ショッピングセンター内に全国で約800の教室を運営し、約74,000人の生徒が通う人気教室「セイハ英語学院」を主体に「ヒルトップ」「そろばん教室88くん」「セイハダンスアカデミー」「パパイヤ式セイハダンスアカデミー」「プログラミング教室ぴこラボくん」などの教室運営やオンライン英会話「UPトーク」や留学事業などを展開している。
本社所在地:福岡市博多区店屋町1-35 博多三井ビル2号館4F
代表者: 代表取締役 坂口 正美
設立: 昭和60年 3月
資本金:5,400万円
事業内容: 総合教育サービス業、英会話教室事業、保育事業、ダンス教室事業、そろばん教室事業、カルチャー教室事業、プログラミング教室事業、オンライン英会話事業、留学事業、オリジナル英語教室教材の企画・製作、学校法人日本教育学園でのインターナショナル幼稚園の運営

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング