タブレットPOSレジ「EC-Orange POS」構築金額シェアNo.1を獲得 小売業・飲食業への導入数3,200店舗を突破

PR TIMES / 2014年6月27日 13時9分

~Windows8タブレット版のシェアが拡大傾向~

EC/小売業向け開発・ソリューション提供の株式会社エスキュービズム・テクノロジーは、iPadやWindows8タブレットを利用したタブレットPOSレジ「EC-Orange POS」が、株式会社富士キメラ総研が発行する「月刊BT」(2014年6月25日発行)においてモバイルPOSの市場占有率(2013年実績)で構築金額シェアNo.1を獲得し、導入数が3,200店舗を超えたことをご報告します。



EC/小売業向け開発・ソリューション提供の株式会社エスキュービズム・テクノロジー(本社:東京都港区、代表取締役社長 武下真典、 http://tech.s-cubism.jp/ 以下、エスキュービズム・テクノロジー)は、iPadやWindows8タブレットを利用したタブレットPOSレジ「EC-Orange POS」が、株式会社富士キメラ総研(以下、富士キメラ総研)が発行する「月刊BT」(2014年6月25日発行)においてモバイルPOSの市場占有率(2013年実績)で構築金額シェアNo.1を獲得し、導入数が3,200店舗を超えたことをご報告します。


■タブレットPOS構築金額シェア率No.1「EC-Orange POS」
タブレットPOSレジ「EC-Orange POS」は、富士キメラ総研が発行する「月刊BT」(2014年6月25日発行)において、モバイルPOSの市場占有率(2013年実績)で構築金額シェアNo.1(21.2%)を獲得しました。多様な販売チャネルをもとに大規模案件を獲得したことが評価されております。(※1)


■Windows8タブレット版「EC-Orange POS」は1,000店舗以上へ導入
「EC-Orange POS」はiPad版を2011年6月にリリースしてから小売業・飲食業をはじめとしたさまざまな業種で、業態・規模を問わず数多くの企業様にご利用いただいています。2014年6月27日現在、「EC-Orange POS」を導入している店舗は全国で3,285店舗(※2)です。そのうちiOS版を導入しているのは2,280店舗、Windows8タブレット版を導入しているのは1,005店舗と、全体のおよそ3分の1の店舗でWindows8タブレットが導入されています。


■Windows8タブレットを導入しているのは大手小売企業
Windows8タブレット版「EC-Orange POS」を導入している1,005店舗は、すべて全国にチェーン店を持つ大手小売企業です。1~100店舗を持つ企業でWindows8タブレットを導入している企業は1.2%に対し、101店舗以上を持つ企業では35.1%と多店舗展開する大手チェーンではWindows8タブレットが好まれる傾向にあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング