TeamViewer(R)、Androidデバイス向けリモートサポートを拡大

PR TIMES / 2014年1月22日 15時41分

最新のTeamViewer QuickSupportアプリケーションにより、 Lenovo、Asus、Caterpillarモバイルデバイスへのリモートコントロールが可能に



リモートコントロール・ソリューションとオンラインプレゼンテーションソフトウェアのスペシャリストであるTeamViewer GmbH(本社:ドイツ)は、提供中のモバイルデバイス向けサポートを拡大し、最新版TeamViewer QuickSupportアプリケーションの提供開始を発表しました。最新版は、Lenovo、Asus(商用目的のお客様のみ)、Caterpillar / CAT(R)、Prestigio、Unitech、ODYSを含む追加デバイスへのリモートコントロールを提供します。

人気のTeamViewer QuickSupportアプリケーションは、どのWindows、MacのパソコンからでもTeamViewerソフトウェアを経由し、スマートフォンやタブレットへのリモートサポートを可能にします。アプリケーションは従業員が社外にいる間でもITサポートチームが迅速に、そして簡単にモバイルデバイス上のトラブルを診断して解決出来るように設計されています。SamsungやSonyなどのモバイルデバイスでは既にPC同様実際のリモートコントロールが可能となっておりました。

TeamViewer QuickSupport では、以下のモバイルユーザー向け機能が利用可能です。
リモートコントロール: 技術者はまるでモバイルデバイスが手の中にあるかのようにワークステーションからデバイスをリモートコントロールすることが可能。この機能はSamsung、Sony、Alcatel One Touch / TCL、Lenovo、Asus(商用目的のお客様のみ) 、Caterpillar / CAT(R) B15、Prestigio、Archos、Unitech、ODYSなどのデバイスで利用可能となりました。
ファイル転送: モバイルデバイス間での簡単ファイル転送が可能。
チャット: 電話やEメールで連絡することなくすぐにトラブルを診断できるように、技術者とモバイルユーザー間でのチャットが可能。
リアルタイムスクリーンショット: モバイルユーザーはデバイス上で発生したトラブルをリアルタイムでスクリーンショットすることができ、画像は自動的に技術者に送信され、簡単に情報を共有することが可能。
デバイス設定へのフルアクセス: 技術者はリモートデバイスにアクセスしWi-Fiの設定を含む接続設定を構成したり、必要時にはリモートデバイス上で実行している全てのプロセスを見やすく使いやすいダッシュボードで確認、停止することも可能。
システム記録: トラブルを診断するために、システム情報やシステム記録の表示が可能。
安全な接続: 全てのリモートセッションは、RSA 公開/秘密鍵交換とAES (256 ビット)セッション符号化に基づいた非常に安全なセキュリティによって暗号化。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング