レッグス社、サイバーソリューションズのクラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」を採用

PR TIMES / 2014年4月23日 11時56分

操作性、レスポンスの良さで仕事効率化、自社でデータ管理ができるメール環境を構築

サイバーソリューションズ株式会社は、株式会社レッグス(本社:東京都渋谷区, 代表取締役社長 内川 淳一郎)が、当社のクラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」(サイバーメールシグマ)を採用することを発表します。



株式会社レッグスは、企業のブランド価値の向上と、モノが売れ続ける仕組みづくりのための、販促活動のサポートマーケティングサービスを提供する会社です。

同社は、今まで、他社クラウドサービスを利用していましたが、WEBメール、クライアントメール共にレスポンスが非常に悪い、という問題点がありました。そして、サーバートラブルの際、復旧の工数が多大なために、トラブル復旧に時間がかかるなどの管理面でも課題がありました。

そこで、いつでも手軽に利用でき、レスポンスが良く、また保守・運用においてもコストや負荷を軽減できることを要件とし、メールアーカイブのデータ返却、返却後は専用のツールで検索が可能の「CYBERMAILΣ」を採用することとなりました。

今回、株式会社レッグスでは320アカウントの利用ですが、「CYBERMAILΣ」は、運用管理負担が大幅に軽減され、24時間365日の高い連続稼働性を実現することが可能です。

そしてワンストップサービスにより、障害発生のダウンタイムの最短化も期待され、メールBOX容量が多くなってもレスポンスが良く、メールデータの返却により自社でデータ管理ができることも評価されています。

サイバーソリューションズは、業界に先駆けてクラウド型のメールサービスを提供し、最近では急速に利用社数が拡大しています。

今後もサイバーソリューションズは、日本企業の独自のニーズに柔軟に対応して、いつでも安心して利用できるメールシステムを提供することに注力していきます。

サイバーソリューションズについて

サイバーソリューションズについてサイバーソリューションズ株式会社は電子メールサーバをはじめ電子メールセキュリティ関連の製品を中心に、企業向けソフトウェアの開発、販売、提供をしています。

電子メールソリューションの分野におきましては、国内で約9,600社以上の企業で利用されている高性能Webメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム「CyberMail」、内部統制・コンプライアンス対策として国内メーカー実績NO.1(※)のメール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」、未知のスパムも情報漏洩の脅威からも高い投資対効果でシャットアウトできるアンチスパムシステム「MailGates」を開発、販売しております。2009年より自社の電子メールシステムの技術をクラウド・SaaS型の「CYBERMAILΣ」提供するサービス事業も開始しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング