中国不動産協会 500社が選ぶ「採用したい建材ブランド表彰」

PR TIMES / 2014年4月15日 10時7分

4年連続 窓部門第1位にYKK APを選定

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、中国不動産協会より「2014年度 採用したい建材ブランド表彰」窓部門第1位に4年連続で選定されましたのでお知らせいたします。



中国不動産協会とは、中華人民共和国(以下、中国)における不動産の加速的な発展、人民の居住水準を上げることを目的に、全国2,000社以上を会員に持つ中国建設部管掌の社会法人です。
「採用したい建材ブランド表彰(中国不動産開発企業500強建材購入首選ブランド)」は中国不動産協会に加盟する全国の不動産会社のうち、住宅販売高上位500社が選出する表彰制度で今年が第5回目(第1回は窓部門無し)となります。

YKK APは2001年に中国でのAP事業開始以来、中国国内で製造・開発・販売を一貫して行い、樹脂窓、アルミ形材断熱窓、アルミ窓を中国全土で地域の断熱条件に合わせて提供してきました。さらに取扱い店へ施工指導をしたり、施工後の最終品質を担保するなど独自のビジネスモデルを築いています。またアジア最大規模の「中国国際 窓・カーテンウォール博覧会」に日本の建材メーカーとして唯一出展するなどブランド浸透に努めています。こうした取り組みがデベロッパーからも高い評価を受け4年連続選定される結果につながりました。これからもお客様の要望に応えられる商品とサービスの提供に努め、中国でも窓のナンバーワン企業を目指してまいります。

主催:中国不動産協会
表彰名称:「2014年度 採用したい建材ブランド表彰(中国不動産開発企業500強建材購入首選ブランド)」
表彰部門:窓部門 第1位(4年連続)
受賞日:2014年 3月 20日

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング