二次利用フリー!映像で語り継ぐ戦争体験者インタビュー アーカイブWEBサイト制作プロジェクト開始

PR TIMES / 2014年6月24日 10時29分

元NHK 堀潤氏が主催の8bitNewsにて フリージャーナリスト支援のクラウドファンディング第二弾!



 株式会社JGマーケティング(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤大吾)は、クラウドファンディングプラットフォーム「ShootingStar(シューティングスター)」にてシステム協力を行う情報発信サイト「8bitNews」が展開するフリージャーナリストのためのクラウドファンディング第二号案件として、誰でも無料で二次利用可能な戦争体験者証言アーカイブWEBサイトを制作するための資金募集を開始いたします。

■URL:shootingstar.jp/projects/1058


 本プロジェクトは、まもなく戦後70年を迎え戦争体験者の高齢化が進む中で、今残しておくべき貴重な証言を取材し、誰もが二次利用可能なアーカイブWEBサイトを作ることを目的として、250万円の資金を募ります。

 戦争証言アーカイブは、テレビ局の映像記録などで残されていますが、第三者が利用するには著作権の問題や、  高額な映像使用料などの負担が生じるため、再放送されない限り人々の目にはつきません。また、番組化されたものには作り手の主観が盛り込まれており問題提起として重要である一方、際立ったエピソードのみを取り上げるのではなく、できるだけ多くのリアルな証言を、当時のリアルな日本の空気を感じ取れるような「映像で語り継ぐ戦争体験者インタビュー」アーカイブの構築が必要であると考え、映像制作集団ジーワン、NPO法人テレビくんと、このプロジェクトの立ち上げに至りました。

 第一弾は、「渡る世間は鬼ばかり」や「3年B組金八先生」「おしん」など、数多くのテレビ、映画、舞台で活躍する女優・赤木春恵さんが太平洋戦争突入期の満州で経験した壮絶な戦争体験を取材しています。その他、兵士として戦地に赴いた俳優、漫画家、作家、医師などの証言集めや、一般の戦争体験者の方々へのインタビューも順次行い、貴重な 戦争体験をアーカイブして公開する予定です。

 シューティングスターでは、“発信力のある市民育成のサポート”を目指す「8bitNews」の理念と共に、戦争体験を次の世代に残しより多くの人が活用できる仕組みづくりを目指す本プロジェクトに賛同し、達成に向けて応援してまいります。


【プロジェクト詳細】

■目標金額: 250万円
■募集期間: 2014年6月24日(火)~2014年9月2日(火)
■ギフト: 1,000円~30万円の計12種類 
     ※ プロジェクト公開期間中にギフトを変更・追加する可能性も有ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング