「米国株スクリーナー」提供開始のお知らせ コンセンサス情報やテクニカル分析で米国株のスクリーニング(銘柄選定)が可能に

PR TIMES / 2014年12月5日 15時34分

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「当社」という。)は、2014年12月12日(金)[予定]より、米国株のスクリーニング(銘柄選定)ができる「米国株スクリーナー」の提供を開始することとなりましたのでお知らせいたします。



 スクリーニングとは、企業の財務指標などの条件を設定し、投資する銘柄を選定することを指します。このたび当社が提供する「米国株スクリーナー」は、「PBR(株価純資産倍率)」や「ROE(自己資本利益率)」などの一般的な「財務指標」だけでなく、「コンセンサス情報」や「テクニカル指標」などの項目を利用してのスクリーニングが可能となっており、よりお客さまの投資目的やスタイルに合った銘柄選定が可能となります。また、条件入力に困った場合も、「SBI証券おすすめスクリーナー」として、「大型優良株」、「値上がり追求型」、「好配当銘柄」などの項目があらかじめ登録されており、ワンタッチで簡単に条件を設定することができます。
 なお、「米国株スクリーナー」は、当社の外貨建商品取引口座を開設されているお客さまであれば、どなたでも無料でご利用いただけます。

 このたびの 「米国株スクリーナー」の提供により、多機能で利便性の高いスクリーニング機能をご利用いただくことが可能となり、これまで以上に多くの個人投資家の皆さまに、資産運用の選択肢の一つとして、当社の米国株式取引をご検討いただけるものと期待しております。
 当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を実現するべく、商品・サービスの拡充に努め、個人投資家の皆さまの資産形成を支援してまいります。

<米国株専用スクリーニング機能のイメージ>


1. スクリーニング条件登録ボタン
「SBI証券おすすめスクリーナー」ボタンでは、SBI証券がおすすめするスクリーニング条件があらかじめ登録されています。
「Myスクリーナー」ボタンでは、お客さまが指定した検索パターンを7種類まで登録することができます。

2. 条件指定
「市場」「銘柄属性」「規模」「指数採用銘柄」「業種」「詳細検索項目」から条件を設定できます。

3. 詳細検索項目
「検索条件を追加」ボタンから、さらに詳細な条件を設定できます。条件は、財務(指標)、コンセンサス情報、株価関連、テクニカルなど約50項目から選択できます。


<金融商品取引法に係る表示>
商号等  株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング