1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

船橋市の中学生のアイデアから誕生した地域愛着メニュー「ジャンボ肉まん」を3/20(土)シーホース三河戦で数量限定発売!!~ 地域のフードロス解消とチームへの愛でSDGsにも貢献 ~

PR TIMES / 2021年3月19日 15時45分



株式会社千葉ジェッツふなばし(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:田村征也)では、船橋市の中学生のアイデアから誕生した地域愛着メニュー「ジャンボ肉まん」を船橋市の協力を得て、3/20(土)シーホース三河戦にて数量限定発売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/35649/38/resize/d35649-38-445670-0.jpg ]

こちらの商品は船橋市立坪井中学校へ在学していた林さんと岩田さんが船橋市こども未来会議で提案して選ばれた「千葉ジェッツふなばし」と「地産地消・フードロス」をテーマにしたアイデアがもとになり商品開発されました。
肉まんは2種類。どちらの肉まんもSDGsに貢献するため地元食材を使用し、船橋産の梨、豚肉、玉ねぎなどを餡にした「おもて梨まん」と、規格外となり流通には出す事のできない船橋にんじんを使用してピザ風味に仕上げた「勇樹ャロットまん」。大きさは通常の肉まんの約1.5倍で「おもて梨まん」は角切りの梨の甘さや歯ごたえが口の中で楽しめ、「勇樹ャロットまん」は富樫勇樹選手の名前からネーミングされており、皮がピンク色なのは、千葉ジェッツふなばしの公式マスコットキャラクター「ジャンボくん」の色を表現しています。

【富樫勇樹選手からのコメント】
学生のジェッツや地域への愛情から開発されて誕生したこの商品は、すごく素敵だなと思いました。どちらの肉まんも美味しかったですし、少しでも多くの方たちにお召し上がりいただきたいです。皆さま、よろしくお願いします。

【大宮宏正選手からのコメント】
ジェッツを応援したい気持ちだけでなく、地産地消や地域のフードロスの事も考えて商品開発されて、船橋の梨やにんじんが使用されて作られている事に素晴らしいなと感じました。地域と一緒に完成したこの肉まんを皆さま、ぜひ食べてくださいね!

【商品概要】
・商品名:ジャンボ肉まんセット(勇樹ャロットマン/おもて梨マン)
・販売価格:1セット / 600円(税込)
・販売個数:300セット ※売り切れ次第、終了
・販売日:2021年3月20日(土)
・販売場所:船橋アリーナ2F 渡り廊下スペース
・原材料、アレルギー:
[おもて梨まん]たまご、小麦、ごま、大豆、豚肉
[勇樹ャロットまん]たまご、乳成分、小麦、牛肉、大豆、豚肉、鶏肉、りんご、ゼラチン乳成分・小麦・大豆・牛肉・豚肉・鶏肉

【船橋市立坪井中学校の卒業生へ「ジャンボ肉まん」の寄贈】
[画像2: https://prtimes.jp/i/35649/38/resize/d35649-38-987311-1.jpg ]

船橋市へ「ジャンボ肉まん」の完成報告をした後、3月8日(月)この商品の発案者である林さん、岩田さんが通っていた船橋市立坪井中学校へ公式マスコットキャラクターのジャンボくんと地域振興キャラクター(仮)のマスク・ド・オッチーが訪問し、全卒業生へ「ジャンボ肉まん」を寄贈いたしました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング