「グリーンレーザーマーカーキット」及び「CO2レーザーマーカーキット」を「サブスクリプション(月額定額料金)サービス」で提供

PR TIMES / 2020年8月12日 9時45分

「グリーンレーザーマーカーキット」及び「CO2レーザーマーカーキット」を「サブスクリプション(月額定額料金)サービス」で提供



このたび株式会社光響(代表取締役 住村和彦、本社:京都府京都市)は、提供中の「サブスクリプションサービス(月額定額料金サービス)」の対象製品に、「グリーンレーザーマーカーキット」及び「CO2レーザーマーカーキット」を追加し、サービスを拡充します。サブスクリプション方式により、需要時のみ製品を利用でき、今般レーザーマーカーが2品種追加されることで、これまでの製品と併せて、多種多様な材質・素材へマーキング・印字が可能となります。同サービスでは、ファイバーレーザーマーカー、UVレーザーマーカー、3Dガラス内部レーザー加工機(レーザーインナーマーカー)及びキャリータイプ50Wレーザークリーナー(レーザーサビ取り機)も提供しております。

1)グリーンレーザーマーカーキット:
■製品イメージ:
[画像1: https://prtimes.jp/i/49537/38/resize/d49537-38-193289-1.png ]


■用途:
・金、銅素材へのマーキング、電子部品、衛生陶器、合成ゴム、
アクセサリー類、段ボール、人工皮、超硬合金、ガラス等へのマーキング


■概要:
製品名:グリーンレーザーマーカーキット
型番 :GL-MK-kit

*キットではなく、組立後の完成品が提供されます。
https://www.symphotony.com/products/marker/glmkkit/

2)CO2レーザーマーカーキット:
■製品イメージ:

[画像2: https://prtimes.jp/i/49537/38/resize/d49537-38-579610-0.png ]


■用途:
・携帯電話キーパッド、電子部品、衛生陶器、アクセサリー類などへのマーキング。

■概要:
製品名:CO2レーザーマーカーキット
型番 :CO2-MK-kit

*キットではなく、組立後の完成品が提供されます。
https://www.symphotony.com/products/marker/co2mkkit/

* サブスクリプションサービス概要( https://www.symphotony.com/subscription/

■ 対象製品のイメージ:
[画像3: https://prtimes.jp/i/49537/38/resize/d49537-38-464259-2.png ]



■特長:
・必要期間のみ製品を利用可能
・サービス利用後に製品購入も可能
・サービス利用中に他製品への交換可能(*)
・利用料金:月額20万円(税抜き) (保険・保守費用込み)
・契約期間:最短1ヶ月~ (1年以上の長期利用も可能)
*製品在庫があり、交換可能な場合に限る

対象製品の内訳:
(既存の対象製品)
(1)レーザーインナーマーカー
https://www.symphotony.com/processing/inner/
(2)マーカー機能付き100Wファイバーレーザー加工機
https://www.symphotony.com/processing/flmkkit/100w/
(3)UVレーザーマーカー
https://www.symphotony.com/processing/uvmkkit/
(4)ファイバーレーザーマーカー
https://www.symphotony.com/processing/flmkkit/
(5) 50Wレーザークリーナー(レーザーサビ取り機)
https://www.symphotony.com/products/50wlc/
(6)モード同期Tiサファイアレーザーキット
https://www.symphotony.com/products/mlti-kit/
(7)小型モード同期Ybファイバーレーザーキット
https://www.symphotony.com/products/ultrashort/fl-mlyb-kit-s/


(今般追加の新規対象製品)
(8)グリーンレーザーマーカーキット 
https://www.symphotony.com/products/marker/glmkkit/
(9)CO2レーザーマーカーキット        
https://www.symphotony.com/products/marker/co2mkkit/

株式会社光響では、今後も光産業の活性化に貢献し、光技術による5大革命(情報革命・医療革命・     食料革命・環境革命・エネルギー革命)の促進を支援して参ります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング