アニソン歌ってプロデビュー!!第6回アニソングランプリ アニソンオーディションとして最大規模の 応募者10,171組の頂点が決定 札幌予選大会出身・ 岡本 菜摘さん(18歳)が優勝

PR TIMES / 2012年10月9日 9時44分



アニソン歌ってプロデビュー!!第6回アニソングランプリ 
アニソンオーディションとして最大規模の応募者10,171組の頂点が決定
札幌予選大会出身・ 岡本 菜摘さん(18歳)が優勝


アニメ専門チャンネル<アニマックス>を運営する株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:滝山正夫)は、「アニマックス 第6回全日本アニソングランプリ supported by ひかりTV(以下、アニソングランプリ)」の決勝大会を10月7日(日)13時からニューピアホール(東京・竹芝)で開催しました。

6回目を迎えたアニソングランプリは、3月24日(土)、福島県郡山市で「アニソンライブ&トーク in 福島―アニマックス 全日本アニソングランプリ supported byひかりTVスペシャルライブ」と題したアニソンライブをきっかけに、出場者の応募受付を開始しました。


応募総数10,171組の中から、書類選考、全国6都市で開催された予選大会、PRバトルを経て、
岡本菜摘(おかもと・なつみ)さん(18歳)が激戦を勝ち抜き優勝しました。歌唱審査に加え、PRバトルでは、アカペラ・肺活量・お絵かきなど自分を表現した動画をWEBサイトに公開し、一般投票で競い合いました。

決勝大会で岡本さんは、1stステージで『氷菓』の「優しさの理由」、2ndステージで『Angel Beats!』の「Brave Song」を歌唱し、FINALステージでは、『マクロスF』の「インフィニティ」を熱唱し頂点に立ちました。

また、決勝大会の模様は、アニマックスでのインターネット生中継に加え、ひかりTVが独占テレビ生中継し、Twitterとの連動や敗者復活者を決めるリアルタイム投票など、生放送でしか味わえない次世代のアニソンシンガー誕生の瞬間をお届けしました。岡本さんは、歴代優勝者に続き、アニマックスで放送する新作アニメの主題歌でプロデビューします。


「アニマックス 第6回全日本アニソングランプリ supported by ひかりTV」概要


全日本アニソングランプリは、 「アニソンで未来を創る」をコンセプトに、次世代のアニソン界を担う人材の発掘・輩出を目指し、2007年からはじまったアニメソング(アニソン)オーディションです。第1回大会は1,792組、第2回大会は3,186組、第3回大会は6,570組、第4回大会は10,189組、第5回目は10,223組の応募を受け付けました。そして、6回目となる今大会も10,171組の応募を受け付けアニソンオーディションとして最大規模の大会となっています。

「アニソン歌ってプロデビュー!!」をキャッチフレーズに、郵送、ウェブサイト、JOYSOUND 「うたスキ動画」に加えて、モバイルでの応募も受け付けた後、書類選考、予備予選を経て、全国6都市(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)で地方予選大会を開催。その後、視聴者WEB投票を経て、東京で決勝大会を開催、優勝者はアニマックスで放送する新作アニメの主題歌でプロデビューします。

■イベントタイトル
アニマックス第6回全日本アニソングランプリsupported by ひかりTV

■決勝大会実施概要

【日時】2012年10月7日(日)13時開演
【場所】ニューピアホール(東京都港区海岸1-11-1 ニューピア竹芝ノースタワー1F)


■主催:株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン

■特別協賛:株式会社NTTぷらら
          
■審査参加企業:
株式会社アニプレックス
JTBエンタテインメント
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社
株式会社スペースクラフトプロデュース
株式会社フロンティアワークス
株式会社ホリプロ 他

■スケジュール:
●地方予選大会(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡の6都市で実施)
●決勝大会 10月7日(日)13時から、 東京・竹芝「ニューピアホール」(港区海岸1丁目)


アニマックスについて

株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン(東京都港区、代表取締役社長滝山正夫)が運営するアニメ専門チャンネル。「ドラゴンボール」、「ルパン三世(PART2)」、「機動戦士ガンダム」など不朽の名作や、「ケロロ軍曹」、「名探偵コナン」など最新のヒットアニメなぢ世代や性別を越えて幅広い皆様にお楽しみいただけるアニメを24時間365日放送しています。1998年5月設立、同年7月開局。株主は、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントほか、東映アニメーション、サンライズ、トムス・エンタテインメント、日本アドシステムズです。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング