ADACイエローエンジェル賞を受賞 受賞車で際立つボッシュのテクノロジー

PR TIMES / 2013年2月13日 19時41分

ディーゼル燃料噴射システムと圧縮天然ガス

・コモンレールシステム:BMW 520d EfficientDynamics Edition BluePerformanceが
 「カー・オブ・ザ・フューチャー」部門を受賞

・CNGシステム:フォルクスワーゲンeco up!に搭載された3気筒天然ガスエンジンが
 「イノベーション&環境」部門を受賞

ADAC(ドイツ自動車連盟)は先日、世界的に広く知られ、今年で9回目を迎える「イエローエンジェル」賞を発表し、ボッシュの革新的な燃料噴射テクノロジーを採用した車両2モデルが受賞しました。ボッシュのコモンレールシステムを装備したBMW 520d EfficientDynamics Edition BluePerformanceは「カー・オブ・ザ・フューチャー」部門大賞を、フォルクスワーゲンeco up!は「イノベーションと環境」部門の「ベストイノベーション」賞を獲得しました。このeco up!に搭載された3気筒天然ガスエンジンはボッシュの噴射システムを採用し、天然ガスとガソリンの噴射量を制御しています。


環境に配慮した圧縮天然ガス(CNG)の推進

ボッシュはフォルクスワーゲンとともに、eco up!の1.0リッター3気筒エンジンに採用されている燃料噴射テクノロジーの開発に取り組んできました。このためにボッシュは、 天然ガス/ガソリン用のエンジンマネジメントシステム、インジェクター、ガソリンレール、ラムダセンサーシステムと平均圧温度センサーを提供しています。このテクノロジーを搭載した車は、ガソリン、またはCNGで走行することができ、エンジン出力は50 kW(68 PS)/6,200 rpm、最大トルクは90 Nm/ 3,000 rpmに達します。新ヨーロッパドライビングサイクル(NEDC)では、eco up!はわずか2.9 kgの天然ガスで100 kmを上回る走行距離を実現していますが、これはCO2排出量に換算すると、1 kmあたり79 gに相当します。天然ガスの燃焼の場合、CO2排出量をガソリンよりも最大25%削減できるため、燃料としてのCNGは、特に環境に与える影響が少なく、車両のCO2排出量をバイオガスよりもさらに抑えることができます。また、天然ガスエンジンの効率とパワーをよりいっそう向上させるために、ターボチャージング技術と組み合わせた別のダウンサイジング手法もボッシュはすでに実現しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング