フォルテオ(R)(テリパラチド[遺伝子組換え]注射剤) ステロイド性骨粗鬆症における男性の骨密度増加データを新たに示す

PR TIMES / 2013年6月11日 14時29分



この資料は米国イーライリリー・アンド・カンパニーが5月29日に発表したプレスリリースを日本語に翻訳したものです。なお、日本の法規制などの観点から一部、削除、改変または追記している部分があります。また海外の試験であるため、日本の試験および適応と内容が異なることがあります。なお、国内臨床試験における男性患者への投与経験が限られており、日本人男性における本剤の安全性、及び有効性は確立していません。この資料の内容および解釈についてはオリジナルが優先することをご了承ください。


2013年5月29日インディアナポリス---米国イーライリリー・アンド・カンパニー(NYSE: LLY)は、本日ステロイド性骨粗鬆症(グルココルチコイド誘発性骨粗鬆症)の男性にフォルテオを投与した場合に、腰椎の体積骨密度(vBMD)がリセドロネートを投与した場合と比較して有意に高くなったことを示す新たなデータを発表しました。ステロイド性骨粗鬆症は、炎症性疾患、自己免疫疾患、アレルギー性疾患などの治療に用いられるステロイドホルモンの一種であるグルココルチコイドの過剰な投与が原因です1。試験結果は、医学雑誌Journal of Bone and Mineral Researchの6月号で発表されます。

本試験における主要評価項目の結果として、18ヵ月間のフォルテオまたはリセドロネートの治療により、いずれの治療群においても腰椎のvBMDに有意な増加がみられましたが、フォルテオ投与群により大きな増加が認められました(ベースラインからの平均変化:16.3% vs 3.8%;p = 0.004)2。

評価測定においては、従来型のCT検査に加え、骨密度および骨格構造を3次元で評価する最新型の臨床スキャナーを用いた新技術である高解像の定量的コンピューター断層撮影法(QCT法)を使用して測定が行われました。QCT法は、従来の平面的二重エネルギーX線吸収法(DXA法)と比較して、椎体骨折の有無がよりはっきりと判別でき、骨折リスクの高いステロイド性骨粗鬆症の患者さんを特定するのにより適しています3。

シュレースヴィヒ・ホルシュタイン大学医療センター 放射線診断部 医学物理学教授 クラウス・C・グリュアー博士は、「骨粗鬆症は女性の病気だと考えられがちですが、男性も骨粗鬆症になる可能性があります。実際、米国では骨粗鬆症の男性患者さんが約200万人います。本試験結果は、ステロイド性骨粗鬆症を抱える個々の男性患者さんに、どの治療が最適であるかについて、医療関係者がより適切な決断を下すのに役立つでしょう。」と述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング