Macbee Planetが通販企業向けコールセンターのダーウィンズと音声ビッグデータを解析し、次世代コミュニケーションツールの共同開発へ

PR TIMES / 2020年7月15日 18時40分

株式会社Macbee Planet(本社:東京都渋谷区、以下「当社」)は、通信販売企業向けコールセンター事業を展開する株式会社ダーウィンズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:後藤 豪、以下「ダーウィンズ」)と、コールセンターに蓄積した音声ビッグデータの解析をし、次世代コミュニケーションツールの共同開発とコールセンターの業務効率化、チャットボットの改善を目指します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23647/39/resize/d23647-39-893406-0.png ]



■背景・目的

ダーウィンズは、通販企業向けコールセンター事業を基盤とし、ダイレクトマーケティングを総合的に支援している会社になります。昨今、EC市場の伸長とともに、コールセンターの需要が高まっています。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受け、コールセンターでは三密を避けるために稼働人員や運営時間が制限され、オペレーションの効率化や改善が求められています。併せて、サービスの向上やユーザー満足度の向上などを同時に図る必要があります。

このような状況のなか、当社はダーウィンズと連携し、コールセンターに蓄積した日々の音声ビッグデータをAI解析し、オペレーターの品質向上や課題解決を図ることとしました。また、解析結果を元に次世代コミュニケーションツールの共同開発やRobee※の品質向上にも取り組んでまいります。

※Robee・・・当社が展開するWeb接客ツールの呼称


■本取り組みの概要

[画像2: https://prtimes.jp/i/23647/39/resize/d23647-39-572416-1.png ]


1.コールセンターの音声データの分析

現在ダーウィンズのコールセンターに蓄積されている、個人情報以外の会話内容をデータ化し、分析します。音声ビッグデータをテキスト化することでユーザーの感情分析やマニュアルとの整合性チェックなど、複合的に分析し、コールセンター業務の課題や改善部分などを導き出します。


2.音声データの分析結果から得られたデータの活用

分析されたデータやサマリーレポートは、ダーウィンズのコールセンター業務のユーザー満足度向上や業務効率化に活用します。併せて、当社で提供しているRobeeのシナリオ改善のために、より自然で好感度の高いAIチャットボットへの参考データとして活用していきます。


3.コミュニケーションツールの共同開発

Robeeを含め、ユーザー優先のWeb接客やコールセンターと連携する新しいコミュニケーションツールを共同開発することで、コールセンターの効率化を目指します。


今後もデータ解析力を向上することで、企業価値の向上を図ってまいります。


■株式会社ダーウィンズについて

通販に特化したコンタクトセンターを基盤とした、通販/EC企業のダイレクトマーケティング支援をメイン事業としています。創業以来、約600社の企業の業績向上に貢献。「ダイレクトマーケティングで世の中を豊かにする」をミッションに、単なるサービスの提供に留まらず、通販企業の課題・問題点を共に考え解決に導くとともに、現在はチャットボットなど、より総合的なコミュニケーション支援サービスを強化しています。

代表取締役:後藤 豪
設立:2007年11月13日
URL: https://www.darwinz.jp/
所在地:東京都千代田区神田三崎町3-8-5 千代田JEBL 5F
事業内容:コールセンター、広告代理店、通信販売等総合支援


■株式会社Macbee Planetについて
当社は、主にインターネットを活用した販売促進、集客、知名度向上を目指す企業に対して、LTV(Life Time Value 顧客生涯価値)を予測し、ROI(投資利益率)の最適化を実現することで、 マーケティングの課題解決を行なっています。

「既成概念にとらわれない発想 × マーケティング」で ビジネスの価値を磨き、企業の成長に貢献することで人々と情報を結び、ワクワクした消費と社会を生み出します。


■会社概要
代表取締役:小嶋 雄介
設立:2015年8月25日
URL: https://macbee-planet.com/
所在地:渋谷区渋谷3-11-11
事業内容:データを活用したマーケティング分析サービスの提供

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング