1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アルカンターラ×MAXXI イタリア国立21世紀美術館「STUDIO VISIT. ALCANTARA-MAXXI PROJECT」展覧会

PR TIMES / 2021年7月2日 18時15分

新たな芸術の形をはぐくむ文化的コラボレーションが実現!





[画像1: https://prtimes.jp/i/44421/39/resize/d44421-39-0d7426b795b96b782c70-1.jpg ]

メイド・イン・イタリアの最高品質を誇る素材、アルカンターラ<Alcantara(R)>を製造、販売するアルカンターラ社はこの度、MAXXIイタリア国立21世紀美術館との10年にわたるコラボレーションを記念した展覧会、「STUDIO VISIT. ALCANTARA-MAXXI PROJECT」を開催しました。この展覧会は、ヴェネチアのスクオーラ・ヴェッキア・デッラ・ミゼリコルディア(Scuola Grande della Misericordia)にて2021年5月20日から6月2日まで一般公開されました。

今回の展覧会では、MAXXIイタリア国立21世紀美術館のデザイン・キュレーターを務めるドミティッラ・ダルディ(Domitilla Dardi)が監修をした、「STUDIO VISTI」プロジェクトの一環として現代建築デザインの研究結果が発表されました。4年をかけたこの研究は、アルカンターラの解釈を基に、過去と現在の建築デザインを理解するためのアイデアを提供しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/44421/39/resize/d44421-39-cab2b25424f8ff0a6057-7.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/44421/39/resize/d44421-39-cd1c7311d713fbf5f0a2-5.jpg ]

本展覧会では、ナンダ・ヴィーゴ(Nanda Vigo)、アンドレア・トレマルキ(Andrea Trimarchi)とシモーネ・ファレジン(Simone Farresin)からなるデザインユニット、フォルマファンタズマ(Formafantasma)、コンスタンチン・グルチッチ(Konstantin Grcic)、そしてネリー&フー(Neri & Hu) の4組のデザイナーが美術館に展示されている建築テーマや作品に対する解釈を説明しています。展覧会が開催されたスクオーラ・ヴェッキア・デッラ・ミゼリコルディア(Scuola Grande della Misericordia)の美術館ホールでは、4つのマルチメディアボックスが設置され、ビデオ、インタビュー、過去の巨匠たちが描いた原画の画像、現代のデザイナーたちの研究成果などが放映されました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/44421/39/resize/d44421-39-cf025c1eaa9a831d899c-10.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/44421/39/resize/d44421-39-611716d30172542c02c1-2.jpg ]

アルカンターラは、コンセプチュアルなリサーチを行う上で不可欠な、柔軟性や優れた形状などの特性を各展示会で立証しています。そして実験と文化革新の象徴であるMAXXIイタリア国立21世紀美術館と、クリエイティビティが企業価値であるアルカンターラ社とのパートナーシップは文化的コラボレーションを生み、新たな芸術を創出し続けています。

MAXXIについて- www.maxxi.art
MAXXI(イタリア国立21世紀美術館)は、イタリア初の国立現代美術館。プリツカー受賞建築家ザハ・ハディドの設計による、曲線が複雑に絡まり合う斬新なフォルムの建物が大きな話題を呼び、総面積2万7000平方メートルに及ぶ敷地は「MAXXI芸術館」と「MAXXI建築館」の二つのギャラリーで構成されており、美術だけではなく優れた現代建築作品の紹介にも力を入れている美術館として知られています。

アルカンターラ社について - www.alcantara.com

[画像6: https://prtimes.jp/i/44421/39/resize/d44421-39-354440960d2e2bb2fe8a-12.jpg ]

1972年に設立されたアルカンターラ社は、メイド・イン・イタリアの品質を誇る最高級素材を提供しております。アルカンターラ<Alcantara>はアルカンターラ社(Alcantara S.p.A.)の登録商標であり、独自の技術により生み出された他に類のない優れた感覚、美しさ、機能性を兼ね備えた画期的素材です。驚くべき多様性を備え、ファッション、アクセサリー、自動車、インテリアデザインおよび室内装飾、家電など、さまざまな分野の一流ブランドに選ばれています。こうした特性とサステナビリティ(持続可能性)への真摯な取り組みを行う企業姿勢や認証取得の実績など、アルカンターラは現代的なラグジュアリー ライフスタイル ― 環境を尊重しながら、毎日使うものの良さを追求したい人のためのライフスタイル ― の象徴となっております。アルカンターラ社は企業活動全般における二酸化炭素排出量について、全量の測定・削減・相殺に成功し、2009年「カーボン・ニュートラル」の認証取得を致しました。サステナビリティ分野における企業の道のりの記録の為、アルカンターラ社は、BDOインターナショナルの認証した『サステナビリティ・レポート』を毎年公表しており、同社のウェブサイトにて参照いただけます。2011年には、このレポートはアルカンターラ社の製品の生産から廃棄を含む「ゆりかごから墓場まで」のライフサイクル全体の分析を含むように拡張されました。アルカンターラ社は本社をミラノに置き、生産拠点と研究開発施設はウンブリア州の中心であるネラ・モントロにあります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング