【学研キッズネット】小学生を対象とした「パソコン×自由研究 コンテスト2020」の応募締め切りを12月31日(木)まで延長

PR TIMES / 2020年10月9日 14時45分

最優秀作品の作者には、副賞としてNintendo Switchをプレゼント!

学研プラスと日本創発グループの合弁会社、株式会社ワン・パブリッシング(東京都台東区/代表取締役社長:廣瀬有二)が運営する小学生・中学生のためのコンテンツポータルサイト『学研キッズネット』( https://kids.gakken.co.jp)は、現在開催中の小学生を対象とした自由研究のまとめ作品コンテスト「パソコン×自由研究コンテスト2020」の応募締め切りを、2020年12月31日(木)まで延長します。




[画像1: https://prtimes.jp/i/60318/39/resize/d60318-39-346265-0.jpg ]




コンテスト延期の背景ーコロナ禍における おうち学習の成果を発表する場としてー

2019年より開催され、数多くの応募作品を集めた「パソコン×自由研究コンテスト」は、夏休みの宿題などで行った自由研究の成果を、パソコンとマイクロソフト社のプレゼンテーションソフトウェア「Microsoft PowerPoint 」でまとめ、出来上がったものを作品として応募してもらう小学生を対象としたコンテストです。
本コンテストは、学校現場における「プログラミング教育」の導入、そして現代では欠かすことのできないパソコンのスキルを楽しみながら学ぶことを目的に開催され、多くの子どもたちがパソコンと触れ合うきっかけにもなりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/60318/39/resize/d60318-39-513172-1.jpg ]


2020年は新型コロナウイルス感染症の蔓延により多くの学校が夏休み期間を短縮、「自由研究」が宿題として課されなかった学校もあったものの、“コロナ禍であるからこそ家庭での学習を応援したい”という想いから、おうち学習の成果を発表する場として活用してもらうために本年もコンテストの開催を決定。夏休みが例年に比べて短いことを考慮し、昨年は8月末までだった応募期間をシルバーウィーク明けである9月25日(金)まで延長して作品の受付をスタートしました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/60318/39/resize/d60318-39-286710-2.jpg ]


一方で、コンテストの参加者およびその保護者の皆さんからは、「夏休みがないので自由研究に時間が取れない」「応募期間をもっと延ばしてもらえないか?」といった要望が数多く寄せられました。
これらの声を受けて、「パソコン×自由研究コンテスト2020」審査会では協議を重ね、“おうち学習の成果を発表する場”とした本コンテストの主旨を鑑み、作品の応募期間を2020年12月31日(木)まで延長することを決定しました。


「学研キッズネット」にはまとめ作品作りに役立つコンテンツがいっぱい!

『学研キッズネット』では、パソコンを使った自由研究のまとめ方がわかる「楽しくパソコンで自由研究をまとめよう!」( https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/pc_matome/)や、まとめ作品に使えるテンプレートを数多く揃えた「自由研究おすすめテンプレート」( https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/pc_template/)といった、作品作りに役立つページを公開しているので、パソコンを使うのは初めてという子どもでも、スムーズにまとめ作品を作ることができます。また、「パソコン×自由研究 コンテスト2020」( https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/contest2020/)のコンテストページでは作品作りの参考となる、昨年の最優秀賞作品も掲載しています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/60318/39/resize/d60318-39-218395-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/60318/39/resize/d60318-39-126728-4.jpg ]



自由研究まとめ作品の応募は2つの部門で受付中!

今年の「パソコン×自由研究 コンテスト2020」は、「2020年スペシャルテーマ部門」と「Microsoft PowerPoint で自由研究まとめ部門」という2つの応募部門を用意。
「2020年スペシャルテーマ部門」は、「手洗いで感染予防をしよう!」「手作り石けんの作り方」「小松菜の観察」という3つの中から自分に合った好きなテーマを選び、専用のテンプレートを使ってまとめ作品を制作する部門で、自由研究の最初のハードルともいえる「テーマ選び」に悩むことがなく、作品制作用のテンプレートもあらかじめ用意されているので、「パソコンに触れたことがない」という子どもでも、苦手意識を持つことなく、簡単に作品を作り上げることができます。

[画像6: https://prtimes.jp/i/60318/39/resize/d60318-39-179391-5.jpg ]


一方の「Microsoft PowerPoint で自由研究まとめ部門」は、好きな研究テーマを自分で選び、自由研究のまとめ作品を「Microsoft PowerPoint」を使って制作する部門。「自由研究おすすめテンプレート」のページに用意されている様々なテンプレートを利用するのはもちろん、自由な発想で作られたオリジナリティあふれる作品でももちろんOKなので、パソコンが好き・得意という子どもにはピッタリです。



入賞作品の制作者には賞状と豪華副賞を進呈!

応募された作品はすべて、秀明大学・大山 光晴先生をはじめとする審査員による厳正なる審査を行い、「2020年スペシャルテーマ部門」「Microsoft PowerPoint で自由研究まとめ部門」それぞれから最優秀賞各1作品、優秀賞各2作品選出します。
最優秀賞作品の制作者には賞状と盾、副賞としてNintendo Switch本体(予定)が、優秀賞作品の制作者には賞状と、副賞として学研の図鑑LIVEポケットなど(予定)が贈られます。入賞作品の発表は2021年1月下旬を予定しています。


■「パソコン×自由研究 コンテスト2020」開催概要

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/60318/table/39_1.jpg ]



■『学研キッズネット』について

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/60318/table/39_2.jpg ]



[画像7: https://prtimes.jp/i/60318/39/resize/d60318-39-219069-6.jpg ]



■媒体概要

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/60318/table/39_3.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング